fmfukuoka

神湊の最近のブログ記事

趣木ぎゃらりー 卓秀

ADアサヒです。

神湊にある「趣木ぎゃらりー 卓秀」さんに行ってきました。

RIMG4479.JPG

天然無垢一枚板でテーブルなどの家具やオブジェを作られています。ご主人がオーダーメイドで一つ一つ丁寧に作ってくださいます。

無垢材とは一本の木から切り出した木材のこと。無垢材と対比して集合材というものがあり、これは複数の木板を接着材で張り合わせて作られた木材です。

卓秀さんには、天然無垢一枚板で作られた作品が沢山おいてあります。

RIMG4464.JPG  RIMG4465.JPG  

RIMG4467.JPG  RIMG4473.JPG

無垢材のよいところはなんといっても環境に良いところ。無垢材で作られた家具は長く使えます。丈夫なことは勿論ですが、長く使えばそれだけ無垢独特の味が出てくくるので、それこそ親子何代にも渡って使い続けられます。また無垢材は再利用がしやすいので、無垢材の家具はそのまま廃棄されにくいのです。

また、すべてが天然素材で出来ていますから体に優しいということも無垢材特徴の1つです。

では、「趣木ぎゃらりー 卓秀」さんの特徴は??

お値段です。国産の原木から切り出した天然無垢一枚板を使用しているのに、本当にとても安いのです。木材の知識がある人が見たら皆驚かれるそうですよ。

『趣木ぎゃらりー 卓秀』
住所:宗像市神湊510
電話:0940-62-3181
http://www.takuhide.com/
土曜、日曜のみギャラリーを開放。お越しの際は一度お電話してくさい。

たびんちゅや

ADアサヒです

神湊にある「たびんちゅや」にお邪魔しました。
いつも495号線を通る度にログハウス風のお店が目に入って気になっていたのです。

RIMG4526.JPG

大の旅好きで世界中を旅して回っていたオーナーの仲田さん。偶然住むことになった宗像の自然が気に入り5年前に「たびんちゅや」を開かれました。「たびんちゅや」というお店の名前は奥さんが沖縄出身だからですよ。

店内にはアウトドアグッズ以外にも、旅だけでなく家庭でも役立つお洒落で便利な雑貨が揃っています。中にはムーミングッズなんかも置いていたりで、女性でもどんな人でも店内の商品を見て回って楽しむことが出来ると思います。

RIMG4496.JPG RIMG4512.JPG

こちらは人気商品のククサ。
白樺のコブをくりぬいて作られるマグカップです。フィンランドで作られているククサには贈る人に幸せを運ぶという言い伝えがあるんですよ。ククサを置いているお店は珍しいので、遠方からククサを買いに来る人も少なくないそうです。

RIMG4495.JPGのサムネール画像

これは、ミニクッキングヒーター。
簡単にお湯を沸かすことが出来ます。コップの中の水やスープのなどに直接ヒーターを浸けて沸かすことが出来るので便利です。旅先だけでなく家庭でも活躍しそうです。

RIMG4482.JPGのサムネール画像

「たびんちゅや」さんの商品はウェブショップでも購入することが出来ますので、是非一度覗いてみてください。可愛くて賢い看板犬のサンゴの写真もブログでチェックできちゃいますよ。

RIMG4510.JPG

『たびんちゅや』
住所:宗像市神湊733
電話:0940-62-3753
営業時間:12:00頃 - 20:00頃
定休日:不定休 お店のホームページでお休みを確認できます。

十時(ととき)

ADアサヒです。
こんにちは、神湊にある「十時」に行きました。

RIMG2871.JPG

ここは穴場スポットです。
丁度お昼時にお店を訪ねるとアットホームな雰囲気の店内はほぼ満席状態。
地元では知る人ぞ知る名店なのだと思いました。

注文したのは
多くの人が注文していたちゃんぽん

RIMG2863.JPG

と親子丼

RIMG2865.JPG

とカツ丼

RIMG2867.JPG

とれもしっかりとした味付けで、美味しかったです。
またボリューム満点でお腹一杯になりました。

『十時』
住所:宗像市牟田尻1905-1
電話:0940-62-2835
営業時間:11:30-17:00ごろまで
定休日:月曜日

馬に乗りました!

こんにちは 一ノ瀬敬子です!
来週の放送(7月31日 朝9時からOA)では、宗像で乗馬が楽しめる
カナディアンキャンプ乗馬クラブをご紹介します。

スタッフの方にカナディアンキャンプ乗馬クラブについてお話を伺ったあと、
馬場内で乗馬の基本や馬との接し方を教えてもらいました☆

私をのせてくれた馬さんは、エリザベスです。人間だと30代前半ぐらいだとか。
同年代で、親近感が沸きます。 いよいよエリザベスと共に海岸へ

RIMG3078.JPG

カナディアンキャンプ乗馬クラブは神湊にありますが、1.2キロほど離れた勝浦の海岸まで、
馬にのって歩道を歩いて移動です。歩道を馬に乗って歩くなんて、将軍様みたいです。


いよいよ海に到着。夕日が沈みそうです。

RIMG3081.JPG


エリザベスが、海に向かっていきます。えーっ!馬って泳ぐんですね。

RIMG3085.JPG


海岸を駆け抜けます。暴れん坊将軍の松平健の気持ちがわかりました。

RIMG3097.JPG


カナディアンキャンプ乗馬クラブのスタッフはほとんどが女性。
さすが、いつも馬にのっているだけあって、健康的に引き締まって、かっこいいです。

RIMG3153.JPG RIMG3154.JPG RIMG3187.JPG RIMG3189.JPG

馬は、癒しの効果があるし、全身運動なので健康にもよく、ダイエットにもぴったり。
小さい子どもから、90代の方まで、乗りにきているそうです。
年齢を問わないスポーツなんですね。

RIMG3245.JPG


夕日が本当に綺麗ですよね!実物はもっといいです。
馬にも癒され、自然にも癒されました。馬に乗るのに必死だから、余計なことを
考えずにすむので、非日常的な特別な時間がすごせておすすめです。

RIMG3240.JPG


最後はエリザベスと記念撮影。やさしい馬さんでした。

RIMG3257.JPG

放送は7月31日 日曜日 朝9時30分から。お時間の合う方はぜひお聞きください♪

さつき松原 ~序章~

こんにちは。番組ADアサヒです。

宗像にある「さつき松原」をご存知でしょうか??

玄界灘に臨む海岸線「さつき松原」は、全国白砂青松100選に選ばれるほどの美しい姿をしています。樹齢200年の黒松林がゆるやかに弧を描いて続き、玄海国定公園に指定されています。1602年に黒田長政が植林を始めたといわれ、田畑を潮風から守ったり、防砂林として人々のくらしの助けにもなっています。 

『宗像市公式Webサイト』より抜粋

ここは外せないということで、早速行ってまいりました。
このさつき松原、とにかく広くて約5Kmに渡り松原が続いています。

RIMG0001.JPG

残念ながら樹齢200年の黒松は、松食い虫などの影響により数がかなり減ってしまっており、5Kmすべてが樹齢200年の黒松で埋め尽くされているというわけではありません。
といったことを、わたくしADアサヒは全く調べていませんでした。


前振りが長くなりましたがここから、我々の闇雲な松原散策の模様をお伝えします。

とりあえず、道の駅の裏辺りに車を止めていざ行かん。ファーストアタックです。

RIMG0004.JPG

なにっ。遊歩道になっているのか。はて、どのコースにしよう。
こういう時は無難にAを選ぶのが最良の策なのです。

RIMG0016.JPG

RIMG0019.JPG


松が見当たらない
ほかのスタッフに「松はどこにあるの」と聞かれ、
「もうちょっと行ったらあるんやないですか?」と答える私の額には冷や汗が・・・


まもなく景色が開けてきたところで、ついに松の木を発見。しかしなんか小さい。

小さい松.JPG

ちなみに、写真の先の分かれ道になっているところで数分間悩んだあげく、海の音のする方向に進路をとりました。

この辺りに植わっている松はすべてここ10年くらいの間に植樹されたものでした。
松原を守るために、虫に強い種類の松がたくさん植えられているのです。

RIMG0089.JPG

ラッキーなことに辺りで松の花を発見しました。
RIMG0029.JPG

RIMG0033.JPG

「普段の生活ではなかなか見られませんよ。良かったですよね。」
と手柄を誇張する私でしたが、『樹齢200年の松はどこ?』
という他のスタッフの視線を振り払うことはできませんでした。

さらにしばらく進んだところにあったのが『自然の家』。写真はその一部です。

RIMG0035.JPG

キャンプ場や運動広場、野外炊飯場などがあり、その日は中学生が実習を行っていました。

自然の家から少し進んだところで、それまで土だった地面が細かい砂に!海は近し!!

RIMG0042.JPG

RIMG0061.JPGのサムネール画像

出ました。海です。一ノ瀬さんハシャイでおります。
しかし、違うのです。我々は松を見に来ているです。

残念ながら、樹齢200年の松を発見することは出来ませんでした。


長くなっておりますがもう少しだけお付き合いお願いします。


お目当ての松を見れないまま車に戻ってきた我々は、
なんとそこで、松原の方へ海沿いに伸びている道路を発見!!
この道を使えば松原の奥まで車で行けてしまうのではないのか。
そして、その先には樹齢200年の松が!!!

車に乗り込み。いざ行かん。セカンドアタックです。

さっきまでヒーヒー言いながら歩いていた遊歩道を横目に、車はズンズン進んでいきます。

と思ったら即効行き止まり!!

行き止まったところで車を降りてみると、確かに松がありました。

RIMG0637.JPG

この傾き具合。風の強さがよく解ります。

RIMG0640.JPG

けれども、お目当ての松とはどーも違うのです。
なんども言う樹齢200年の松はもっと大きくておもむきがあるはず。

結局、この日お目当ての松を発見することは出来ませんでした。
ここまでお付き合い頂いた方々誠に申し訳ありません。
長々と無益な記事を書いてしまいました。

次に行く時には、いつもお世話になっている宗像市観光課の大塚さんに
正確な場所を教えてもらいます。
今度こそ樹齢200年の松を発見し写真に収めてまいります。

サードアタックに乞うご期待くださいまし。

月別アーカイブ