fmfukuoka

陶器のスピーカー

ADアサヒです。

田野にある「妙見窯」という窯元にお邪魔しました。

RIMG3672.JPG

RIMG3671.JPG

ご主人の田中順一さんは、サラリーマンとして働きながら趣味で陶芸を勉強。
そして、8年前に脱サラしてここ妙見窯を始められました。

山口県の萩の土を使い、天然の薪で焼かれる妙見窯の陶器からは温かい雰囲気が漂います。

RIMG3649.JPG RIMG3654.JPG

RIMG3636.JPG RIMG3633.JPG

RIMG3640.JPG RIMG3660.JPG

RIMG3657.JPG
薪で焼くとこのような模様が浮かびあがるのが特徴です。

日曜から水曜には陶芸教室もされていて、気さくな田中さんの教室はきっと楽しいと思います。

田中さんの今の一押しは、陶器スピーカーです。
筒状の陶器の箱で出来たスピーカーからは、繊細かつ迫力のある綺麗な音が流れます。
ジャス、ロック、演歌どんな曲でもすごくいい音がでました。このスピーカーの一番の売りは、小さな音量でも迫力のある音が出るところなんだそうです。ロック大好きディレクターのユキさんもこれはイイと唸っていました。注文で作ってもらえます。是非一度、妙見窯に行って聴いてみてください。

RIMG3666.JPG

後ろに写っている大きな窯はなんと手作り。他にも、薪割り機、露天風呂など、田中さんは陶器以外にも色んなものを作ってしまいます。

これからも、田中さんはゆっくり楽しみながら陶芸を続けていかれます。

「妙見窯」
住所:宗像市田野2349
電話:0940-62-4570
お立ち寄りの際は事前に電話してください。

月別アーカイブ