fmfukuoka

絵描き屋 macoさん 

こんにちは 一ノ瀬敬子です。
今回のプレゼント、絵本を描かれた、宗像市在住の絵描き屋・macoさんをご紹介します。

RIMG3262.JPG  RIMG3285.JPG  RIMG3276.JPG  RIMG3270.JPG

かわいらしくて、やさしいタッチのイラストですよね。

mocoさんの作品は、お米のパッケージや、パンフレットの表紙など、
様々なところで起用されています。

なぜ、絵を描くことになったのか・・・。
高校卒業後、スーパーのpopライターをしながら独学でイラストを学んでいたmacoさん。
絵を仕事にしたいと思いながらもなかなか理想どおりにはいかず、
日々悩みながら暮らしていました。
考えがまとまらない時は、哲学書や人生論が書かれた本をよみあさり、
本にかかれた様々な言葉に励まされてきたといいます。
そしてmacoさんは自分の作品も「人の励みになるようなものにしたい」と考えるようになりました。

その頃から、本格的にイラストの仕事をスタート。
Heartot ・・・人々の(心=Hear を ホッと=Hot)できる作品をつくろう!
というテーマを掲げ、日々活動されています。

くじら・くま・きりん・あかちゃん・おんなのこ・植物・・・などを、色えんぴつやパステルなどを使って、淡いタッチで描き、イラストに やさしい言葉をひとこと添える のがmacoさんのスタイルです。


作品を見た人たちから、「共感できる」「ホッとする」「励みになりました」「笑顔になれた」という声が多く届くそうで、macoさんは、そんな言葉が自分の自信に繋がり、励みになるんだとか。

macoさんの作品は宗像では riyadh ・かのこの里・オアシス というお店においてあります。

14日の放送のプレゼントは、macoさんの絵本です。

RIMG4291.JPG

本を手にしたあなたは きっと ほっこりした気持ちになれますよっ。
ぜひ 応募してくださいね♪

ご希望の方は氏名・住所・電話番号を明記の上munakata@fmfukuoka.jpまでeメール
または092-526-5300(「よかとこ宗像」宛)までFAXでご応募ください。

月別アーカイブ