「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2019年12月6日 地域:中央区
過去の放送はこちら
白金ホルモン まる福

> TEL 092-524-1129
> 住所 福岡市中央区白金1-9-12
> ジャンル 肉料理
> オープン日 2019年10月7日
> 席数 36席(カウンター12席、秘密基地あり) / タバコ:禁煙
> 営業時間 18:00〜26:00(L.O.25:00)
定休日:年末年始(12月31日、1月1、2日)+不定休
> 調査日 ■2019年11月29日
■天候 晴れ
■時間 19時30分


内容

今日ご紹介するのは、白金交差点近くにある、ホルモンをメインにしたお店です。
元々踊りの教室をしていた一軒家を改装してお店にしているので、お店の入り口は、普通の家に入るような感じで、靴も脱ぎます。
店内にも段差があるのですが、ちょっと高くなっている部分は、舞台だった場所です。

ここは、地域密着型の「大衆焼肉たまや」のグループになり、初めてのホルモンをメインにしたお店です。
たまやは、グループで牛を一頭買いすることで値段をグッと抑え、今、人気を博しています。
ホルモンは、なるべく冷凍せずに、生肉で出すように努力しています。

この店のコンセプトは、「ホルモン酒場」ということで、カウンターを大きく作り、テーブルとカウンターの端っこ以外のお客様には、話に夢中になっても、スタッフがいい感じに焼いてくれます。
(イチャイチャしているカップルは別です。)
今後、カウンター限定メニューも出す予定というカウンター贔屓です。
店長の河津さんは、「もつ鍋こうづき」などで修業後、「大衆焼肉たまや」へ。この道10年。
ホルモンをリーズナブルに食べられ、カップルでも、仲間とでも、グループでも楽しめるお店です。


チェック

アラカルトとコース
コースは、90分飲み放題付4000円(14品)、5000円(16品)。
3名様から。
価格は、アラカルトが税別、コースは税込み。

【お通し】(200円)
座ると出てきて、これが席料の代わりとなる。
内容は日替わり。
この日は、「せんまい刺し」と「浅漬け」。

【まる福酢もつ】(380円)
一般的な「酢もつ」とは違い、ここのは子袋をボイルしたもの。
それに自家製ポン酢をかけ、胡麻と小ねぎを散らし、赤卸を添えたもの。
クルッと丸まってて、鮮度が良いので臭みも無く、弾力があって食感も良い。

【おっぱい】(380円)
豚の胸肉になる。
真空パックに入れ、63度のお湯の中に1時間くらい漬けて、低温調理したもの。
それをカットして皿に並べ、胡麻と小ねぎをたっぷりかけ、山葵を添えている。
醤油は、お好みで。
柔らかくてクセもなく、クリーミーであっさりした一品。

【もつ煮こみ】(480円)
カウンターの大鍋に入っている。
ミックスホルモンを吹きこぼしながら炊き、さらに葱などを入れて臭みを取りながら炊く。
その後、5時間ほど煮込み、西京味噌を入れて、味を調える。
ホルモンは大振りにカットしていて、食べ応えがある。
味噌の甘さも良い。
これに「たまご」(100円)、「とうふ」(100円)も追加できる。
それぞれ、注文が入ってから半熟卵と豆腐を鍋に入れて炊き、味を染み込ませる。
胡麻と葱を散らし、柚子胡椒を添えていた。
寒い時に、温まる一品。

【ごまダレキャベツ】(480円)
キャベツを千切りして山盛りにし、上に胡麻ダレをかけている。
たっぷりあるので、これを1つ頼むと、口直しに良い。

【キムチ盛り合わせ】(780円)
キムチは白菜、山芋、クラゲ、こんにゃく、チャンジャなどの単品もあるが、好きなものを3種類選んで、盛り合わせもできる。
我々は、「山芋キムチ」「クラゲキムチ」「こんにゃくキムチ」の3種類をチョイス。
山芋キムチは、自家製で、サックリした歯ごたえが良い。
クラゲキムチは、クラゲを自家製で漬けている。
こんにゃくキムチも自家製で、程よい弾力と辛さでおつまみにぴったり。

【刺 盛り合わせ】(980円)
だいたい4点盛りで2貫ずつになり、内容は日替わり。
この日は、低温調理した「みの薄造り」、「豚タン刺」、「牛レバー刺」と、生「牛はつ刺」。
醤油、胡麻油、ポン酢が出てくるので、お好みで。
「みの薄造り」は、薄くて食べやすくなっている。ポン酢が合う。
「豚タン刺」は、胡麻油と塩が合う。歯ごたえがいい。
「牛レバー刺」は、もともと味をつけているが、足りない人は醤油をつけると良い。
ねっとりした食感で、レバーの旨味が広がる。
「牛はつ刺」は、生姜醤油が合う。サクッとした歯ごたえで、美味しい。

『ホルモン焼肉』
牛、豚のホルモンを中心に25種類ほどある。
1人前で、5、6切れほど。
辛みそ、大辛、塩の3つの味から選ぶことができる。
目の前にあるガスロースターの網に牛脂を塗ってから焼くと良い。
つけダレは、炒った塩、自家製焼肉のタレの2種類が出てくる。

【牛タン 塩】(1280円)
そこそこの厚さもあり、少し変わったカットになっている。
それに塩を振って出てくるので、サッと炙る程度に焼いて食べると良い。
レモンが添えてあるので、お好みで。

【ニラレバオイル】(580円)
アルミカップの中に自家製ダレ、胡麻油、ニンニクスライス、ニラ、レバーを入れて出てくる。
それをロースターの上でグツグツさせて食べる。
アヒージョの胡麻油版のような感じで、しっかりした味付けでお酒のアテになる一品。

【上さがり】(980円)
厚切りで肉肉しく、しっかりした赤身の旨味を感じる一品。

【つらみ】(580円)
頬肉になるので、焼きすぎに注意。これも赤身系の旨味がある。

【牛はらみ】(480円)
とても柔らかく、適度な脂もあってジューシーで美味しい。

【牛はつ】(480円)
分厚く切ってあり、歯ごたえが良い。

【ホルモン】(480円)
ホルモン独特の脂の甘さがあり美味しい。

【ミノ】(580円)
ミノは、コリコリした食感を楽しむ一品。

【赤せんまい】(480円)
いわゆる「ギアラ」と呼ばれる部位で、牛の第4胃袋。
程よい硬さで、切れ込みを入れて歯切れよくしている。
クセもない。

【口直し】(無料)
最後にパイナップルが出てきた。

■■攻略■■
たくさん飲む人は、焼酎の場合、ボトルがお得ですが、それ以外の場合、「やかん酒」を頼むとお得になる。

■■チョッチュ■■
もつ煮込みは白味噌なので、和辛子があると嬉しいなぁ。
ホルモンのお店なのですが、焼肉風ではあるので、サンチュがあると嬉しいなぁ。

■■オススメ店■■
河津さん 博多区 「七輪焼肉ばかとあほ 駅南店」

■■その他■■
客単価:4000円前後 飲んで食べて

ビールは、生400円から、瓶550円から。
ハイボールは480円から、サワーは380円から。
焼酎は、グラス380円から、ボトル1500円から。(セットは最初に200円プラス)
日本酒は、380円から。
ワインは、グラス380円から、デカンタ1480円から。
「やかん酒」(980円から)
チューハイ、マッコリ、ワイン、梅酒、日本酒、焼酎などが小さなヤカンに入って出てくる。(MAX 約1L前後)

■■人気ホルモン焼肉メニュー ベスト3■■
3位:【ミノ】(580円)
2位:【牛はらみ】(480円)
1位:【牛さがり】(480円)

■■人気一品メニュー ベスト3■■
3位:【まる福酢もつ】(380円)
2位:【もつ煮こみ】(480円)
1位:【刺 盛り合わせ】(980円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す