放送日:2015年12月4日 地域:博多区  
酒房 まじょらむ

> TEL 092-431-3770
> 住所 福岡市博多区美野島1-17-7
> ジャンル 居酒屋
> オープン日 2015年7月21日
> 席数 18席(カウンター6席) / タバコ:禁煙
> 営業時間 18:00〜平日25:00(O.S.24:00)、金土27:00(O.S.26:00) /日・祝 17:00〜23:00(O.S.22:30)
定休日:不定休
> 調査日 ■2015年11月27日
■天候 くもり■時間 19時30分


内容

今日ご紹介するのは、美野島通り沿いにある、居酒屋さんです。と言っても、割烹や日本料理の一品を気軽に食べられる、どちらかというと、ガッツリ食べるというより、小さいポーションの料理をお酒と共に楽しんで頂く、小料理屋のようなお店です。
大きなガラス窓で、白壁に木目を基調としたカフェっぽい造りの店内は、テーブルの間隔も広く、空間を贅沢に使っています。
店主の小田さんは、大阪で8年、東京で1年、パリで3年、熊本で2年修行。その後、ここで独立。日本料理一筋14年。
このお店の料理は、店主が大阪修行時代の味が一番好きだったので、その味を基本にし、薄味でお酒と一緒に楽しめるようにしています。その中に、パリ時代のテイストで、レバーパテやいぶりがっことチーズを和えたものなどもあります。
魚は、糸島の知り合いの漁師から直接買い付け、野菜は福岡の地物を中心に、ないものは取り寄せもしています。お酒は、東京や大阪からも日本酒も取り寄せています。素材を楽しんでもらうものから、仕事をした一品まで、リーズナブルな価格でお酒をチビチビ飲みながら楽しむ、大人のお店です。


チェック

アラカルトとコース。コースは、おまかせ2500円から。内容は、付き出し、お造り、焼物、煮物、一品、食事、デザート。
コースは1名様から。2500円、3500円は当日可。それ以上は要予約。飲み放題は90分で1500円。価格は税込。

【付き出し】(500円)
これが席料の代わりとなる。内容は日替わり。この日は、大根の煮物に柚子味噌を添えたもの。
ダシが染みた大根が美味しかった。寒くなってくると、こういう温かい小鉢は嬉しい。

【刺身盛り合わせ】(2人前1800円くらい)
刺身は単品でも6、7種類ほどあったが、我々は盛り合わせを頼んだ。仕入れによるが、だいたい2貫ずつ5種類で1800円くらい。この日は、

  • 1.〆鯖(長崎)炙り。塩も酢も極力使わず、酢から上げた後、酢を拭かずに、時間をかけて浸み込ませている。注文が入ってから炙る。
  • 2.鯵(福岡)
  • 3.ホウボウ(玄界灘)。常に市場にあるわけではないので、福岡で出すお店は珍しい。関西ではよく食べる。ねっとりして甘味もあり美味しい。
  • 4.金時鯛(玄界灘)。キンメに似ている。身に張りがあって美味しかった。
  • 5.アオリイカ
  • 薬味で山葵、酢橘が添えてあるので、お好みで。

    【レバーパテと車麩】(500円)
    ちょっと珍しい食べ方。沖縄産の車麩を輪切りにして、サラマンダーで焼き、これをパンの代わりにしている。
    自家製鶏レバーのパテをつけて食べる。車麩で軽い感じに食べられるのが良い。

    【燻製盛り合わせ】(800円)
    桜とクルミのチップを使った自家製スモーク。内容は日替わり。この日は、タコ、カマンベールチーズ、鶏もも肉、豚肩ロース、鰆。しっかり燻製香もして、美味しい。別々にスモークするなど、手間がかかっているのに、安い。

    【サンマの梅煮】(550円)
    梅と一緒に炊いたサンマを、つけ地のまま蒸し器に入れ、5時間、蒸し煮する。水分が蒸発しないので、味の濃度も変化せず、長く火を入れることができ、形も崩れない。骨まで食べられるのが良い。さっぱりした味でお酒がすすむ。

    【牡蠣 蓮根衣揚げ】(800円)
    岡山産の生牡蠣と蓮根を天ぷらの衣でくっつけて揚げたもの。挟んでいるわけではない。天ぷらの衣の濃度を強めにすることで、くっつきやすくしている。油も最初は低い温度から始まり、ある程度まできたら、一気に高い温度まで上げる。牡蠣の旨味に蓮根の歯ごたえも加わり、美味しい。ボリビアの岩塩を添えているので、お好みで。

    【せせり信州揚げ】(750円)
    蕎麦を使う料理に、「信州」という言葉を使う。蕎麦の実を、あたり鉢であたり、片栗粉を少し混ぜて衣にしている。
    肉は、鶏のせせり(首肉)。普通の衣より香ばしさもあり、カリツと仕上がっている。肉のジューシーさもあり、美味しい。
    万願寺唐辛子の素揚げも添えてある。

    【名物味噌鍋】(800円)
    1人でも良い、小鍋仕立て。飲みながらだと、2、3人でも十分な量。具材はその日の仕入れによって変わる、おまかせの味噌鍋。自家製の合わせ味噌は林檎、玉葱、ニンジンを摩り下ろし、酒、味醂を合わせ、1週間ほど寝かせている。この日の具材は、華味鳥のもも肉、鶏つくね、牡蠣、豆腐、椎茸、白葱、白菜、水菜。スープが非常にまろやかで全く辛くないので、全部飲み干せる。

    【小松菜山葵漬け】(450円)
    小松菜を下茹でし、おひたしのように地につけておく。注文が入ってから、卸した山葵と和えている。
    茹で時間が絶妙なので、程よいシャキシャキ感が残り、山葵の爽やかな辛味が良い。お酒のアテにぴったり。

    【攻略法】
    初めて来た人は、2500円のおまかせコースがお得なので、頼むべし。

    【チョッチュ】
    元々古いビルのリノベーションして、カフェのように格好良くなっているのですが、トイレだけがちょっと怖いかなぁ。
    色を塗るなりして、トイレを格好良くして欲しいです。

    【オススメ店】
    小田さん 熊本市 ときとき

    【その他】
    客単価 : 3500〜4000円
    ビールは、生500円、瓶580円から。焼酎は、グラス480円から。ワインは、グラス500円から、ボトル4000円から。日本酒は10種類ほどあり、480円から、燗酒1合700円から。
    お2人でやっているので、待たせることもあります。美味しいものを食べるために気を長く持つように。

    人気メニュー ベスト3
    3位 : 【牛スジあっさり煮】(750円)
    2位 : 【おでん】(150〜280円)
    1位 : 【刺身盛り合わせ】(2人前1800円くらい)
    Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved.
      地域別でお店を探す
    地域別でお店を探す
    地域別でお店を探す
    地域別でお店を探す