「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2017年1月20日 地域:博多区
過去の放送はこちら
博多めし 住吉 いちこう

> TEL 092-261-2636
> 住所 福岡市博多区住吉2-15-33
> ジャンル 和食、居酒屋
> オープン日 2016年7月20日
> 席数 24席(カウンター6席) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 17:30〜24:00(O.S.24:00)
定休日:日曜日
> 調査日 ■2017年1月13日
■天候 くもり■時間 20時00分


内容

今日ご紹介するのは、オーケストラ通りから、少し入った場所にある和食のお店です。お店の前には提灯がぶら下がり、入るとすぐに囲炉裏があり、座席は、カウンターと掘り炬燵形式の小上がり。和食らしい、すっきりとした店内です。
店主の福永さんは、鹿児島の料亭「鶴鳴館 鶴屋」で7年、春吉「寿司割烹 やまちょう」で2年、中洲の郷土料理「博多程よし」で1年勉強した後、独立。10年前に高砂で9坪ほどのお店をオープンし、今回、移転オープン。お店も広くなりました。この道21年。この店のコンセプトは、「当たり前のものを当たり前に出す」。魚介類や野菜などの食材は、自分の目で確かめたものを仕入れ、素材の良いところを活かした料理を提供します。大人の人にはカジュアルに、若い人には、少し大人な感じで利用して欲しいということで、和食だけではなく、炉端焼きや居酒屋の要素もあるお店です。
店主曰く、「若い人が、自分のご両親を連れて行きたいと思うお店にしたい」。ご夫婦2人でされていて、アットホームな雰囲気の中、本格的な和食から手軽な一品まで幅広いメニューをリーズナブルに楽しめ、仲間との飲み会、デート、家族との一席でも良いお店です。


チェック

アラカルトとコース。コースは、2時間半の飲み放題付きで4500円から。要前日予約、4名様から。
アラカルトは、グランド・メニューと日替わりがある。価格は税込。

【お通し】(600円)
2品出てくる。内容は、日替わり。この日は、マカロニサラダ、鰤の照り焼き。

【刺身盛り合わせ】(1800円)
だいたい6点盛りくらいになる。内容は、日替わり。この日は、胡麻鯖(五島)、水蛸の炙り(北海道)、天然鯛(四国)、タイラギ、本マグロ(長崎)、馬刺し。薬味で生姜と山葵が添えられている。醤油は、生醤油、刺身醤油があるので、お好みで。この値段で1人前2、3貫ずつ入っているので、2、3人で食べられるボリューム。1人で量が多いと感じる場合は、3点選んで軽めの盛り合わせにすることもできる。
どれも新鮮で、良い魚を使っていて、美味しかった。

【自家製 手作りさつまあげ】(1枚250円)
エソと鯛のすり身を練って、揚げる。オーダーが入ってから、それを炭火で炙って、カットして出てくる。
しし唐の素揚げ、大根卸、卸し生姜が添えてある。鹿児島の本式の薩摩揚げとは違い、甘さを抑えている。
時期により、玉葱や枝豆が入ることもある。

【イカゲソと肉厚椎茸のガーリックバター炒め】(700円)
九重の肉厚な椎茸と、その日に仕入れたイカ(この日はコウイカ)のゲソを、ニンニク、バター、濃口醤油で炒め、上にニンニク・チップを散らす。シンプルだが、椎茸の火の入れ方が良く、イカとの食感の違いも良い。

【タイラギ貝柱】(900円)
タイラギは、今が旬。塩焼きか、かき揚げを選べ、我々は「かき揚げ」を頂いた。刻んだタイラギと玉葱で作ったかき揚げ。ふわっとしたかき揚げ。刺身用のタイラギを使っているので、なるべく火を入れないようにしている。雪塩が添えてあるので、お好みで。

【新鮮!!いわし(塩焼・フライ)】(800円)
地物の真鰯。結構大きめなもので、塩焼きかフライを選べる。我々はフライを選んだ。2匹の鰯を開いて、フライにしているのでボリュームもある。自家製タルタルソースとウスターソースが出てくるので、お好みで。
自家製タルタルソースは、卵、玉葱、それに、この店で漬けているラッキョウを刻んで入れているので、酸味がきいている。この酸味で脂っぽい部分を帳消しにしてくれるのが良い。キャベツの千切りなどが添えてある。

【手作りハンバーグ(目玉焼き)】(800円)
牛と豚を7:3の割合で混ぜた合挽き肉と、玉葱、パン粉をつなぎに使い、焼いたもの。熱々の鉄板の上に、炒めた太モヤシを敷き、その上にハンバーグをのせ、その上に厚めにスライスして焼いたトマト、目玉焼きをのせて出てくる。ソースは、ジャポネ系にポン酢を割って作っている。トマトと目玉焼きを崩しながら食べると良い。焼いたトマトの甘味が良く、卵でコクも出ている。150gと、ボリュームがあって、この値段は安い。

【ナポリタン】(900円)
移転する前の店で、宴会の締めの料理で出していたもの。以前のお客様のリクエストで出したところ、評判になり、定番メニューとなった。昭和系の懐かしい味。具材は、赤ハム、玉葱、その時にある野菜(この日は、ナス、オクラ、ニンジンなど)で、上に目玉焼きがのっている。とにかく具沢山で、ボリュームもすごい。1人前を頼んでも、3,4人で食べる時は、スパゲッティの量を少し調節して出してくれる。これは嬉しい。

【攻略】
【刺身盛り合わせ】(1800円)は非常にお得。1人で頼んで量が多い場合は、軽めの盛り合わせもできる。
パスタなどもあり、とてもアットホームなので、大将ご夫婦と仲良くなると、量の調整もしてくれる。

【チョッチュ】
せっかく、奥さんの出身が鹿児島なので、黒千代香があったり、鹿児島の焼酎のラインナップが増えるといいなぁ。

【オススメ店】
福永さん 春吉 酒食家 博多ひさご

【その他】
客単価 : 4500〜5000円
ビールが、生300円から、瓶600円から。ハイボールは500円から。日本酒は、700円から。焼酎は、グラス500円から、ボトル2200円から。ワインは、ボトル2500円から。
ご夫婦お2人でしているお店なので、忙しい時には、お待たせすることもあります。文句を言わないように。

人気メニュー ベスト3
3位 : 【里芋と茄子のそぼろ煮】(700円)
2位 : 【手作りハンバーグ(目玉焼き)】(800円)
1位 : 【ゴマサバ】(900円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved. These contents are designed by Uproad Inc.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら