fmfukuoka

★九州世界一ラボ・レポート(16)

【アートリーフ博士】
『アートリーフOKA』 岡美智子 博士


アートリーフ博士1.jpg


博士は、数千...数万もの造花の葉っぱのみを使った世界唯一のアート作品
『アートリーフ』で、ホテルや空港のロビー、ウエディング会場や店舗など
様々な場所を心和む空間にデザインしています!

これまで数々の賞を受賞するなど、宮崎を代表する空間デザイナーとして
活躍しているんだって!

アートリーフ博士2.jpg

『アートリーフ』とは、無地のビニールレザーにアクリル絵の具で色を付け、
色を重ねてその葉っぱの集合体で季節感を表現したり、与えられた空間の雰囲気に
合わせて演出をしているんだって。
最初は真っ白なんだけど、アクリル絵の具で季節の色を付けていくそうだよ!

博士は、なんか葉っぱが好きだったみたいで、葉っぱを作り続け、
その葉っぱで作品を作り、大きな会場に飾られるようになったんだそう。
『アートリーフ』は元々なかったもので、博士が作り出した作品!
みんなに見せた時に「素敵」と褒めてもらったんだって♪
自分では作品の魅力がわからなかったけど、他の人に見てもらうことで
やっぱり間違えてなかった、作り続けていいのかなと思い、
今まで続けてこれたんだそう。

『アートリーフ』の最後の仕上げは照明だと博士は思っていて、絵の具に
パール系のものが入っているので光を受けた時に表情が変わるんだって!
その表情が変わった時が好きなんですと博士はおっしゃっていました^^
ある展示会では、照明がついた時に拍手が起こったそうですよ!!


アートリーフ博士6.jpg

製作は根気のいる作業!!1枚1枚色を付け、ハサミで切り張り合わせて
指先で形をつけていきます。その1枚の葉っぱの温もりが見てくれた方に
なにか伝わっていくんじゃないかなとおっしゃっていました^^
博士は、ふわっとした膨らみを作るのが好きなんだって♪
作品を作る時は優しい気持ちで作っていて、そういう優しい気持ちで作ることが
『アートリーフ』の良さなんですね!!
優しくないときに『アートリーフ』は作らない方がいいそうですよ(笑)


そんな博士の作品は、宮崎空港に常設で飾られています!!
到着口のすぐ向かいにあるお手洗いにありますよ^^
宮崎空港は『宮崎ブーゲンビリア空港』という愛称になっているので、
女性のお手洗いはブーゲンビリアの色合いにしているんだって☆
ぜひ見てみてくださいね♪

2000年の淡路花博に出展したとき優秀賞を受賞し、さらに名誉賞も受賞した博士!
仲間のみんなと協力して完成させた作品だったので、とても嬉しかったんだって^^

博士にとって『アートリーフ』は、全て!『アートリーフ』と共に過ごしてきた
年月を考えると本当に全てなんだそう。
今まで進んできた道をこのまま変わらずに一生懸命取り組んでいきたいと
博士はおっしゃっていました^^


アートリーフ5.jpg


今日の研究成果は、『博士が全てと語るアートリーフは、全ての人を優しくしてくれ、
そしてパワーを与えてくれるもの』です!!


博士の想いと優しい気持ちがいっぱい込められている『アートリーフ』は
きっとたくさんの人を優しい気持ちにさせてくれるんだろうなあ♪

月別アーカイブ