こはまもとこアナの「壱岐スペシャル」~日帰り壱岐旅~

  • 投稿日:
  • by
8:00 博多港を出発(九州郵船ジェットフォイル・ヴィーナス)
この日は快晴!汗ばむほどの暑さの中、壱岐へレッツゴー!
9:10 壱岐(郷ノ浦港)に到着
10:00 壱岐イルカパーク
壱岐について最初に訪れたのは「壱岐イルカパーク」。

この日は5頭のイルカたちが元気いっぱいで私たちを出迎えてくれました。
まずはプレイングタイム!かわいいイルカ達のミニショーが行われます。水しぶきを浴びるほどの距離でダイナミックなジャンプを見ました。

次はえさやり体験。壱岐イルカパークではアジやサバ、シシャモなどを食べていて、この時はシシャモをあげました。

2018年7月21日(土)~8月31日(金)は特別プログラムでイルカに触れたり、一緒に写真を撮ったりできるそうです。
◇壱岐イルカパーク◇
http://www.hn.iki-vision.jp/~ikiirukapark/
11:00 辰の島クルーズ
壱岐の北に位置する勝本港から北西2kmにある無人島「辰ノ島」などを遊覧船で巡ります。

遊覧コースではエメラルドグリーンの海を堪能しながら、断崖絶壁ギリギリのところまで船で近づいてくれます。島には野生の鷹なども住んでいて、壮大な自然に圧倒されました。


実際に辰ノ島に上陸して海水浴を楽しむこともできます。
◇JF勝本町観光案内所◇
https://www.kankai.net/jf-k/index.html
11:50 大幸物産
壱岐の自然を満喫した後は、壱岐の食を満喫します。
訪れたのは新鮮な生うにが食べられる大幸物産。

取材した7月は赤うにが旬だったので、赤生うに丼定食!
たっぷりとご飯の上に乗った赤うには、とても濃厚で甘みがありました。


そして、うにめし定食!
新鮮なうにと炊き込んだうにめしは、お米一粒一粒にうにの旨味を感じられる一品です。


◇大幸物産◇
http://www.ikikankou.com/wp/?p=335
13:40 住吉神社
お腹いっぱいになった後は、運動も兼ねて御朱印巡り。
壱岐市は、約150の神社があり、自然に囲まれた多くのパワースポットがあります。
また、壱岐市では、壱岐の名所「猿岩」や国重要文化財である「人面石」、伝統工芸品「鬼凧」などをモチーフにしたカラフルなデザインの御朱印帳も販売しています。

という事で、御朱印を求めて住吉神社へ。
住吉神社は壱岐のほぼ中心に位置し、毎年12月には、国指定重要無形民俗文化財である「壱岐神楽」が奉納されます。
境内には1つの根から2つの雄雌の幹が分かれている夫婦楠があり、男性は左回り、女性は右回りで願いを込めて廻ると願いが叶うとか?


顔はめパネルがあったので番組プロデューサーとパシャリ。


◇住吉神社◇
http://www.ikikankou.com/wp/?p=752
14:10 月讀神社
続いて御朱印巡りは月讀神社。
月讀神社は、日本書紀の記述では神道の発祥の地とされており、京都などにある月読神社の元宮がこの壱岐にある月讀神社だそうです。


◇月讀神社◇
http://www.ikikankou.com/wp/?p=739

2つの神社で頂いた御朱印はこちら。

15:10 小島神社
御朱印巡りの後は壱岐随一のパワースポットと呼び声高い小島神社へ。
日本のモンサンミッシェルとも呼ばれ、普段は参道が海底に沈んで海に浮かぶ島に見えるのですが、干潮になると参道が現れます。
この日は天気に続き、潮の状況にも恵まれて、島へと続く参道が現れました。


約150mの参道の先に島がありますが、本殿はこの真裏にあります。
岩場や急勾配な階段など険しい道のりですが、その先には

2年前に訪れたときは満潮で渡ることが出来なかったため、リベンジ成功!
◇小島神社◇
http://www.ikikankou.com/wp/?p=774
16:00 筒城浜
今回の壱岐旅最後は筒城浜。
筒城浜は日本の快水浴場100選に選ばれた壱岐を代表する海水浴場で、海水浴シーズンには多くの海水浴客で賑わうそうです。

◇筒城浜◇
http://www.ikikankou.com/wp/?p=824
17:10 壱岐(郷ノ浦)を出発(九州郵船ジェットフォイル・ヴィーナス)
壱岐での思い出に浸りつつ福岡へ
18:20 博多港到着
今日は天気に恵まれ、壱岐に行くには最高の天候でした。
博多港から壱岐まではジェットフォイルで1時間ちょっと。
この夏は壱岐での思い出作りはいかがですか?