fmfukuoka

第8回2013年2月19日「珈琲 蘭館」編

いよいよ寒かった冬の季節も終わりに近づき...

なーんて始めてみようかなぁと思っていたら、雨だわ寒いわ......
まぁ三寒四温を感じる日常ですよね、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

この季節になってくるとそろそろ福岡地方は花の季節の到来。
そこで今週は、福岡県の花でもある「梅」にスポットを当てて
「梅見て一杯、おいしい珈琲が飲めるお店を...」
クハラさんに紹介して頂きましたよ!!

梅の花と言えば「太宰府天満宮」という事で、
太宰府天満宮へ続く街道沿いにある地域に親しまれている
「珈琲 蘭館」さんをご紹介してもらったのですが、
この蘭館さん、知る人ぞ知るコーヒーの名店なんです!!

佇まいは所謂、「喫茶店」の面影を感じる蘭館さん、
しかしお話を伺った「珈琲 蘭館」2代目の田原照淳さんは、
2010年ジャパンカップテイスティングで優勝され、
翌2011年にオランダで開催された世界大会でも第3位になった経歴の持ち主なんです!!

RIMG2219.JPG

「カップテイスティング」って何??と思った方が大勢いらっしゃると思うので
ここで久しぶりの豆知識コーナー。

カップテイスティングの大会とは、いわゆる「利きコーヒー」の大会で、
3つのカップの中に1つだけ違う種類のコーヒーが入っているものを
8問当てる大会で、正答率と判断するまでの時間で勝負が決まるものなんだそうです。

という事は、コーヒーの味についての見分け部門で世界3位になった方が
自家焙煎で淹れてくれるコーヒーを飲むことが出来るのが
この「珈琲 蘭館」さんの素晴らしい所。

それだけでも行きたくなるカフェだと思いますが、
田原さんは更に凄いんです。

というのも、蘭館で普通に頼むと淹れてくれるのが
ネルドリップによる1杯立てのコーヒー。
このネルドリップの「布をフィルターに使う」スタイルは
元々フランス発祥らしいのですが、
今では世界中でも日本が一番その文化を受け継いでいるそうなんですね。
(因みに、サイフォン式はイギリス発祥で、ネルドリップと同じく日本が
 その文化を今に伝えているそう......)

RIMG2209.JPG RIMG2210.JPG

そんなネルドリップによる「日本独自の旨味」を抽出している蘭館のコーヒー。
普通だったら、その技術を習得されたら中々他に目はいかないものだと思うのですが、
田原さんは、ネルドリップ方式の淹れ方だけではなく、
更に「エスプレッソ」の淹れ方も1から学ばれたそうで
お店には「ROASTER'S CAFE MANO+MANO」さんの回でもご紹介した
「マルゾッコのエスプレッソマシン」も設置してあるんです!!

田原さん曰く、ネルドリップやサイフォン式のコーヒーの概念と、
エスプレッソのコーヒーの概念は全く違うものらしく、
これまでの知識や技術を一旦脇に置いてからエスプレッソコーヒーを学ばないと、
それぞれの極意は習得できないんだそうで、
長年「蘭館」で培ってきたコーヒーや焙煎技術の柱はそのままに、
もう一本新しい柱を作る気持ちで取り組まれたんだそうです。

こんな事出来ますか?
んー。。。私は出来ないかも(笑)

そうやって築き上げた技術や知識を持って淹れてくれる蘭館のコーヒーは
本当に目から鱗が落ちるような味わいでした。

RIMG2217.JPG RIMG2216.JPG

取材の時に淹れて頂いたのは「コーヒールンバ」の歌の歌詞にもなっている
「モカマタリ」と、この日焙煎したてだった「ブルーマウンテンNO.1」!!!

RIMG2212.JPG

ワタクシ恥ずかしながら、カフェの番組を担当していながら「酸味」が強い
味は苦手だなぁ...と思い込んでいたのですが、
酸味が特徴的な「モカマタリ」と「ブルーマウンテンNO.1」を頂いて、
これまで感じていた「酸味」とは全く違う
「旨い酸味」というものを初めて味わった次第でございます。。。

「酸味が強いコーヒーって美味しいんですねっ!!!」と
その感動を田原さんにお伝えした所、教えて頂いたのが

"豆が古くなって酸化した味と、おいしい豆を適切に焙煎して淹れた酸味は
全く違う味になるので、きっとこれまでの酸味は豆が古かったか、
豆と焙煎が合っていなかったか、焙煎後の豆の扱いが雑だったか、
適切な淹れ方が出来ていなかったかのどれかですねぇ"との事。。。

簡単に言うと
1、 豆が悪い
2、 焙煎が悪い
3、 淹れ方が悪い

この3つをちゃんとすれば美味しい酸味のコーヒーを飲むことが出来るそうですが、
中々この3つを正確に理解することは難しいので、
田原さんが仰っていたのは
「贔屓の豆屋さんに行かれた際に是非淹れ方等を聞いた方が良いですよ」との事。

特に、ネルドリップやサイフォン式で淹れると美味しい豆の焙煎と、
エスプレッソやフレンチプレスで淹れると美味しい豆の焙煎は
全く方法論が違うので、どちら向きに焙煎しているお店なのかを知って、
自分に合った豆屋さんを見つける事が大切ですねぇ。と教えて頂きました。。。

とまぁ、今回は取材が終わった後もお店に居座り続け、
結局数時間も蘭館さんにお邪魔してしまいましたが、
本当に色々なコーヒーにまつわるお話を聞くことが出来ましたよー!!

皆さんも是非「珈琲 蘭館」に足を運ばれた際は、
カウンターの奥か奥から2番目の席に陣取って、
田原さんと色々なコーヒー談義を楽しまれてくださいね!!

田原さんの、会話をしていても作業中の手は動き続ける職人芸を
目の当たりにする事は間違いなし!!ですよ(笑)

あっ、最後にクハラさんオススメの蘭館メニューをご紹介!!

クハラさん曰く「エッグサンド部門ならばダントツ1位、
今までの人生の中で食べた全ての食べ物の中でもトップクラスの味」
と言わしめる「エッグサンド」と「ウインナーコーヒー」のセットは
必ずや一度ご賞味くださいね!!
(産み立ての卵から作られるエッグサンドはホントに美味しかったです!!!)


そんな蘭館のマスター田原さんとクハラさんの対談はコチラをCHECK!!!
珈琲蘭館ポッドキャスト

■珈琲 蘭館■
場所:福岡県太宰府市五条1-15-10
電話:092-925-7503
営業時間:10:00?19:00
定休日:なし
ホームページ:珈琲蘭館HPはコチラ
         :カフェトライブの「蘭館」ページはコチラ


それでは、サラヴァー♪