fmfukuoka

番組紹介

提供: 薩摩酒造
出演: 松浦弥太郎

yataro.jpg 松浦 弥太郎(まつうら やたろう)プロフィール
1965年東京生まれ。 渡米後、アメリカの書店文化に触れ、 日本におけるセレクト書店の先駆けとして 『COWBOOKS』を立ち上げる。
多方面のメディアにてエッセイストとして活躍。
2006年から15年3月まで約9年間 『暮しの手帖』の編集長を務める。 2015年4月よりクックパッド株式会社入社。
新聞、雑誌の連載の他、著書多数。

「おだやか」「すこやか」「ていねい」。
毎日を大切に生きれば、しなやかな明日が見えてくる...
番組パーソナリティの松浦弥太郎が、日々思うことを
エッセイ風におしゃべりする5分間。
明日への活力、明日へのヒントにお役立てください。

FM福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島 7局ネット

E-Mail: yataro@fmfukuoka.jp

放送時間
FM福岡日曜日17:55-18:00
FM佐賀日曜日17:55-18:00
FM長崎日曜日17:55-18:00
FM熊本日曜日18:55-19:00
FM大分日曜日17:55-18:00
FM宮崎日曜日19:55-20:00
FM鹿児島日曜日17:55-18:00

レモンのある暮らし

いかがお過ごしでしょうか。
松浦弥太郎です。

じめっとした梅雨間近ですが、ひしひしと夏の近づきも感じます。
きっとあっという間に夏真っ盛りになるのでしょうね。

そんな今日この頃。
切らしたくないもののひとつにレモンがあります。
僕はレモン好き。色もかたちも香りも何もかも。

テーブルにレモンを常備しておいて、
香りをかいだり、ナイフでさっとスライスして、
飲み物や料理に添えたりして楽しみます。
自家製のレモンのはちみつ漬けなんて、
かんたんでおいしい一品になって重宝します。

僕はなんでもかんでもレモンを絞るくせがあり、
先日、炊きたてごはんに刻んだパセリを散らして、
レモンを絞って、食べてみたら、そのおいしさに驚きました。
友人らにおすすめしても誰も試そうとはしませんが。笑

とにかく、これからの季節にレモンは欠かせないのです。
お酒にもどうぞ。

それではまた。

DSC_0112.jpg

今週は、生活するうえで誰にとっても切り離すことのできない、「お金」についてのお話をします。

FM福岡・佐賀・長崎・大分・鹿児島で、この後17時55分から。
FM熊本では18時55分から、FM宮崎では19時55分から。お楽しみに。

番組では、松浦弥太郎さんへの質問・メッセージを募集しています。
こちらからお寄せください。
素敵なプレゼントもご用意しています。

食べたいものを食べるために。

いかがお過ごしでしょうか。
松浦弥太郎です。

夏が近づいてくると、
なんとなく気になること。
それは体型であったり体重ですね。そう、お腹周り。
薄着になるから、できれば軽やかでいたいものです。
僕はといえば、現在、理想体重より2キロオーバーかな。
理想体重がキープできていると、
見た目は痩せすぎと言われるのだけれど、
自分的には軽くて楽なんです。
そのために何をしているのか。
まずは、定期的な運動ですね。1カ月100キロ走ります。
食事は、夜8時以降は食べないルール、
そして、間食をしないことかな。
その代わり、食べたいものを食べます。
そうしないと、食事を楽しめないから。
朝からワッフルとか食べたいからね。

それではまた。

L1007150.jpg

「松浦弥太郎 おとなのかたち」。
今日の放送では、番組を聞いていただいているリスナーの方からのメッセージにお応えします。

FM福岡・佐賀・長崎・大分・鹿児島で、この後17時55分から。
FM熊本では18時55分から、FM宮崎では19時55分から。お楽しみに。

番組では、松浦弥太郎さんへの質問・メッセージを募集しています。
こちらからお寄せください。
素敵なプレゼントもご用意しています。

明日の朝どうする?

こんにちは。松浦弥太郎です。
お元気でしょうか。

みなさんは朝の食事をどんなふうに呼んでいますか。
朝ごはん。朝食。朝めし。もしくは、朝。
僕は「朝、どうする?」っていうのがいつもだから。
朝の食事を「朝」と呼んでいます。

そう考えてみたら、とても納得ができたのですが、
朝の食事って、何を食べるかっていうメニューが大事なわけでなく、
その時間をどう過ごすかってことのように思います。
たとえば、一杯のコーヒーとパンだけでも、
そのひとときがゆったりとした安らぐものだったら、
とても満たされるんです。うれしいんです。
反面、ものすごくおいしいパンケーキを食べるとしても、
気持ちに余裕がなく、あわてて食べたら、おいしさも半減ですね。

ですから、「朝、どうする?」っていうのは、
何を食べる?ということではなく、
どんなふうに何を食べようか?という、
それこそ朝という時間の過ごし方だろうと思うのです。

現実として、仕事があったり、家事があったりするので、
そんなに朝を優雅にゆっくりはできないけれど、
たとえば、最低でも30分は、朝の食事のために工面したい。
休日はたっぷり1時間。
で、どんなふうに何を食べようかと考えてみる。
そうそう、明日が日曜として、「明日の朝どうする?」っていう発想って、
しあわせを感じます。
そういう暮らしって、むつかしくなくて誰でもできること。
たとえ一人だって大切なこと。
じゃないかな。

明日の朝、どうする?

14544273628_0550e7e611_b.jpg

月別アーカイブ