「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2018年2月23日 地域:中央区大名
過去の放送はこちら
焼肉 ホルモン もつ煮込み ジャストミート

> TEL 092-791-3429
> 住所 福岡市中央区大名1丁目4-5 1階B号室
> ジャンル 焼肉
> オープン日 2018年1月11日
> 席数 16席(カウンター8席) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 18:00〜27:00(L.O.26:30)
定休日:不定休
> 調査日 ■2018年2月16日
■天候 晴れ
■時間 19時30分


内容

今日ご紹介するのは、西通りから少し西に入った場所にある、ホルモンの稀少部位を楽しむお店です。
ビルの表には看板が出ていませんが、細い通路に入ると赤提灯がぶら下がっています。
店内は、「THE昭和」の雰囲気で、キッチンを囲むLの字のカウンターとテーブル席があります。
それぞれ、目の前には、ガス台があり、注文した肉を自分好みに焼きながら食べるスタイルです。
実はこの店、市内にいくつもある人気の焼肉店「バクロ」の系列店です。
「バクロ」と言えば、鹿児島県いちき串木野市で49年(来年で50周年)、牧場を経営している父親の育てた牛肉を仕入れて提供するお店。
生産から販売まで、家族タッグで牛肉を届けています。
牧場では牛を3800頭ほど飼育していて、牛肉の特徴は、脂切れの良さと赤身の旨味です。
もちろん、尾崎牧場から1頭買いし、さばいた翌日にはお店に並ぶので、新鮮なホルモンになります。
ただ、ホルモンの稀少部位を提供するということで、あまり大量に出せないため、8坪のこじんまりとしたお店にしています。
常時15種類ほどありますが、中には、限定3食の部位もあります。
一般的なお酒もありますが、福岡ではあまり見ないような変わったお酒も置いていて、稀少部位をつまみながら、お酒を楽しんでもらうお店なので、ガツガツ食べる感じではありません。
昭和の香りが漂う中、友達や同僚と軽く一杯や、女性同士でも気軽に立ち寄れるお店です。


チェック

基本、アラカルト。
要相談で、飲み放題付き4000円から、コース仕立てにできる。
前日までの予約で4名様から。
価格は、税別。

【お通し】(300円)
座ると出てきて、これが席料の代わりとなる。
胡麻と和風ドレッシングのかかったキャベツ盛りで、おかわり自由。
口直しになる一品。

【もつ煮込み】(380円)
牛の大腸、ハチノスなど、その時の日替わりのモツを、赤味噌、白味噌をベースにしたもので、3時間くらい煮込む。
そこに焼き豆腐を加え、さらに1時間ほど煮込む。
モツの甘味も出ていて、関東のもつ煮込みと違い、九州ぽくて美味しい。

【センマイ刺し】(680円)
【タン刺し】(980円)
刺身は仕入れによって変わるが、常時3、4種類は置いている。
あまり数はないので、早い者勝ち。
センマイは2種類あり、「白センマイ」は湯通ししているが、「(黒い)センマイ」は、生。
コチュジャンベースの酢味噌が出てくるので、つけて食べる。
コリコリして美味しい。
タンももちろん、尾崎牧場の黒毛和牛。
根元の一番良い部分を刺身にしているので、1頭から5、6人前しか取れない。
こちらは、山葵と鹿児島の醤油につけて食べる。
食感もよく、タンの旨味を感じる一品。

『焼肉』
特撰、白物、赤物、正肉(せいにく)に分かれている。
白物は白いホルモンで、赤物は筋肉系や赤い色のホルモン、正肉はカルビなど。
全部で30種類ほどだが、仕入れにより、その日にないメニューもある。
鹿児島の醤油を使った甘めの特製焼肉ダレが出てくるので、お好みで。

【特撰タンモト】(1580円)
タンの根元の一番良い部分を少し厚めにカットして出てくるので、軽く焼き、レモンを絞って食べる。
弾力があり、歯切れも良く、肉汁がジュワッと染み出してくる。

【白盛り】(1980円)
白物は、12種類ほどあり、その中からお任せで6〜8種類を盛り合わせ。
この日は、.魯船離后↓▲謄奪櫂Α↓ミノ、ぅ汽鵐疋潺痢↓ゴ歡押↓赤センマイ。
.魯船離后第2胃袋。噛めば噛むほど味が出る。
▲謄奪櫂Α豚の直腸。別名白モツ。独特の食感と味わい。
ミノ:第1胃袋。コリコリした歯ごたえ。
ぅ汽鵐疋潺痢第1胃袋だが、和牛にしかない部位。ミノとミノの間に脂がついている。
ゴ歡押Э標のタレに絡めている。
赤センマイ:別名ギアラ。第4胃袋。柔らかくて味が濃厚。
どれもフレッシュなので、クセがなく食べやすい。
1皿でこの値段になり、我々は3人だったので、3カットずつにしてくれた。
総量は変わらないので、2人で食べると種類が増える。
ボリュームもあり、食べ応えがある。

【赤盛り】(2580円)
赤物は、8種類ほどあり、その中からお任せで盛り合わせ。
この日は、.張薀漾↓▲轡ン、レバー、ぅ魯薀漾↓ゥシラ。
.張薀漾頬肉になる。味が濃厚でコクがある。少し硬めの部位なので薄くカットしている。
▲轡ン:1頭から1本しか取れないコリコリの横にある食道の筋。あまりクセはない。
レバー:肝臓。まったりした食感。
ぅ魯薀漾Р3嵋譴琉貮堯柔らかく、適度なサシが入っている。厚めにカット。
ゥシラ:こめかみの部位。しっとりしていて柔らかい。少し厚めにカットしている。
これも1皿でこの値段になり、我々は3人だったので、3カットずつにしてくれた。
総量は変わらないので、2人で食べると種類が増える。
ボリュームもあり、食べ応えがある。

■■攻略■■
何を頼んだら良いか分からない人は、【白盛り】【赤盛り】を頼むべし。
その中で気に入ったものがあれば追加すると良い。

■■チョッチュ■■
【もつ煮込み】を頼んだ時に、和辛子があると嬉しいなぁ。
初めて行った時は、引き戸の出入り口が分からなくなるので、間違えて鍵がかかっている戸を引くと、隙間風がぴゅ〜となってしまいます。

■■オススメ店■■
尾崎さん 中央区大名 「酒飲めイタリアン マカロニ」

■■その他■■
客単価:4000円前後 飲んで食べて

ビールは、生480円、瓶480円。
ハイボールは、380円から。
生搾りサワーは、480円、ナカおかわり200円。
生搾りスカッシュは、420円、ナカおかわり100円。
キンミヤ焼酎は、250円から、割り材250円から。
焼酎は、グラス380円から、2合980円から。
日本酒は、1合580円から。
ワインは、グラス480円から、ボトル2480円から。

■■人気メニュー ベスト3■■
3位:【刺身】(680〜980円) 仕入れによって変わる
2位:【カライヤツ】(680円) 小腸。激辛にもできる
1位:【もつ煮込み】(380円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved. These contents are designed by Uproad Inc.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら