「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2017年12月8日 地域:中央区高砂
過去の放送はこちら
SAKE BAR 夜更かし とらさん

> TEL 092-577-4253
> 住所 福岡市中央区高砂1-20-2 松岡ビル1F
> ジャンル カフェ・バー
> オープン日 2017年9月16日
> 席数 15席(カウンター7席) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 18:30頃〜27:00頃
定休日:不定休
> 調査日 ■2017年11月24日
■天候 くもり
■時間 20時30分
> URL https://www.tora-3.com/


内容

今日ご紹介するのは、FM福岡からもすぐ近く、日赤通りを渡り、細い道を入っていった場所にある日本酒バーです。
入口が道路側に向いているわけではないので、隠れ家っぽくて、分かりにくいので、探して下さい。
名前で分かるように、2013年6月7日に紹介した「たべる処のむ処 寅寅寅」の姉妹店です。
大将、藤井さんが日本酒好きで、日本酒が気軽に飲めるようにと始めました。
もちろん、日本酒に合う簡単なおつまみも用意しています。
日本酒は、大将がセレクト。
各蔵元が、新しくリリースしたものや、限定品などを中心に揃えています。
また、おつまみも大将が作っています。
おつまみの価格は、300〜600円で、日本酒に合わせてちょこちょこ頼めるようになっています。
お店は、女将の藤井さんが切り盛りしています。
1軒目に来ても良いですが、2軒目などで来て、遅くまで日本酒を飲むのに良いお店です。


チェック

基本、アラカルトのみ。グランドメニューと日替わり黒板メニューがある。価格は、税別。

【お通し】(200円)
座ると出てきて、これが席料代わりとなる。
内容は日替わり。
この日は、「アスパラ菜のお浸し」。
アスパラ菜と南関揚げのお浸しに糸がきをのせている。
淡い旨味を感じるおつまみ。

【とらさんのぽてとさらだ】(400円)
ジャガイモと薩摩芋を使ったポテトサラダ。
他の具材は、きゅうり、ニンジン、卵。
仕上げにブラックペッパーをかけている。
薩摩芋を使っているので、自然な甘さもある。

【いかうに酒盗】(500円)
自家製。
鰹の酒盗、イカ、ウニを和えたもの。
刻んだ葉山葵も入っていて、軽くツンとした香りがある。
塩辛過ぎず、魚介の旨味も楽しめるので、日本酒のアテにはぴったり。

【鮎の甘露煮】(600円)
これも大将の手作り。
1皿で2尾出てきた。
甘露煮としては甘さを抑え、口の中に甘さが残らない絶妙な味付け。
ちょこちょこつまみながら飲むと良い。

【クリームチーズの冷奴風】(500円)
クリームチーズを賽の目に切り、生姜、葱、糸がき、刻み海苔をのせている。
醤油を少したらして食べる。
クリームチーズのまったりした味が醤油で締まって、日本酒に合うつまみになる。

【いぶしどり】(500円)
皮付きの鶏肉を、マリネ液に漬けた後、「寅寅寅」にあるスモーカーで燻製にしたもの。
カットして、ブラックペッパーを振り、レモンとマヨネーズが添えてある。
そのままでもしっかり燻製香と味があるので、楽しめる。
唯一のお肉系メニューなので、変化をつけたいときに頼むと良い。

【ヤリイカの一夜干し】(500円)
ヤリイカを、一夜干しし、注文が入ってから、炙って出てくる。
レモン、一味マヨネーズが添えてあるのでお好みで。
干しているので旨味が凝縮されていて、ジューシーさもあり、美味しい。

【博多名物ごまさばのひつまぶし】(900円)
「ひつまぶし」のように、段階を追って食べ方を変えられるようにした胡麻鯖。
小鍋に白米を盛り、その上に、鯖、葱、刻み海苔をのせて、胡麻を少々振り、卓上コンロにセット。
下から温められながら、最初は、そのままをお椀によそい、胡麻鯖丼のように楽しむ。
次に、鍋に出汁を入れて、お茶漬けのようにして食べる。
その残りは、さらに火を通して、雑炊のようにして味わうこともできる。
漬物と山葵を添えてある。
温めながら食べることが出来るので、これからの季節、冷めなくて良い。
脂ののった鯖で美味しかった。

■■攻略■■
日本酒は、良心的な価格なので、頼むべし。
日本酒初心者は、どれが良いか聞いてから頼むべし。
日本酒の中に原価を割っているものもあるので、気合と根性で探すべし。
(1升1万円するのも、グラス500円)

■■チョッチュ■■
【博多名物ごまさばのひつまぶし】は美味しいのですが、
火が通ったら、煮詰まらないように自分で火を消せるようにして欲しいなぁ。

■■オススメ店■■
女将 藤井さん 中央区高砂「炭火やきとり 達磨 」

■■その他■■
客単価:2500円前後 飲んで食べて

アルコール類は、全て500円。
生ビール、ハイボール、焼酎グラス、グラスワインなど。
日本酒は、グラス500円。
40種類ほどある。
通常グラス120ccだが、値段が高いものは60ccになる。

■■人気メニュー ベスト3■■
3位:【平太郎】(400円) ヒイラギの丸干しを焼いている(10匹くらい)
2位:【とらさんのぽてとさらだ】(400円)
1位:【ヤリイカの一夜干し】(500円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved. These contents are designed by Uproad Inc.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら