「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2018年12月7日 地域:南区
過去の放送はこちら
焼にく とびこ

> TEL 092-554-2958
> 住所 福岡市南区玉川町10-7
> ジャンル 肉料理
> オープン日 2018年8月21日
> 席数 30席(カウンター12席) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 平日 18:00〜25:00(フード24:00、ドリンク24:30) / 日祝 17:00〜25:00(フード24:00、ドリンク24:30)
定休日:不定休
> 調査日 ■2018年11月16日
■天候 くもり
■時間 21時00分


内容

今日ご紹介するのは、西鉄大牟田線「高宮駅」の高架下にある、焼き肉店です。
お店は、大きな窓ガラスで、白い暖簾に「肉」と書かれていますが、内装が今風の居酒屋さんっぽい感じで、暖簾がなければ焼肉店だとは分かりません。
お店の中央にキッチンがあり、その周りにカウンター、テーブル席があります。
実はこの店は、2軒隣にある、以前取材した「大皿と魚とびこ」の姉妹店。
あちらは魚を中心としたメニュー構成ですが、こちらは肉を中心としています。
店主の田島さんは、福岡の和食の某有名店や、港「焼きとりの とりこ」、「焼肉どらごん」、薬院「きんぎょ」、祇園「大分の旬 大玖」などで修行し、「大皿と魚とびこ」で独立。この道15年。
飲食の道へと飛び込んだ出発点が焼き肉店だったため、いつかはしたいと思っていました。
そこで、春吉「七輪焼肉 いその商店」で焼肉の指導をみっちり受け、この店をオープン。
肉は、九州産にこだわり、その日の良い部位を仕入れるようにしています。
また、居酒屋のような一品メニューがあるのも特徴です。
肉をリーズナブルに提供していて、アクセスもよく、仲間との飲み会やファミリーでも楽しめるお店です。


チェック

アラカルトとコース。
アラカルトは、グランドメニューと日替わりメニューがある。
コースは、2時間飲み放題付き4000円から。2名様から。基本的に前日までの予約だが、相談可。
価格は、税別。

【お通し】(300円)
座ると出てきて、これが席料の代わりとなる。
内容は日替わりで、3、4種類作っていて、1人1品出てくる。
この日は、「柿の白和え」、「牛タンシチュー」、胡麻醤油をのせた「自家製胡麻豆腐」。
こういった和食のお通しが焼肉店ででるのが珍しい。

【山盛りキャベツ】(480円)
千切りにしたキャベツがどっさり。
それに和風ドレッシングをかけ、刻み海苔を散らしたシンプルなもの。
これを1つ頼んでおくと、口直しになる。

【いちじくバター】(1枚180円)
レーズンバターのいちじくバージョン。
レーズンの代わりにドライイチジクを使っている。
クラッカーの上にのって出てくるので、そのまま食べる。
レーズンバターよりもあっさりした味だった。

【ハツ刺】(580円)
ハツの刺身を薄めにカットしていて、食べやすい。
醤油、山葵が出てくるので、お好みで。
コリコリして美味しい。

【せんまい刺】(680円)
一度湯がいたセンマイに、胡麻、ネギを散らしている。
ピリ辛の味噌ダレが出てくるので、それにつけて食べると良い。

【炙り和牛うに巻き】(1貫580円)
牛肉を巻いて、その上にウニをのせたもの。
牛肉は、モモ肉の部位「しんしん」を使うことが多い。
生のまま肉を巻いて、寿司で言う軍艦のような形にして炙る。
その上に青紫蘇、ウニをのせて、ツメがかかっている。
山葵が添えてあるので、お好みで。
脂がしつこくなく程よい感じで、ウニとのバランスが良い。

『焼肉』
定番の部位、日替わりの特選部位、ホルモンなどの牛肉の他、鶏、豚、焼き野菜なども含め、30種類ほど。
単品の他、盛り合わせメニューもある。
つけダレは、醤油ベース、味噌ベース、それに、塩、山葵が出てくる。
脂が多いものは味噌ダレが合うが、お好みで。
牛脂が出てくるので、ガス台に自分で塗って肉を焼く。

【大皿盛り】(1人前1980円、2人前からの注文)
5種類の肉の盛り合わせになり、この大皿盛りの特徴は、稀少部位も入ること。
内容は日替わり。
我々は、3人で3人前を頼んだ。
細長い皿の上に刺身のように並べて盛り付け、皿からはみ出す勢いで、ドーンとのっている。
この日は、サーロイン、たてばら、フランク、かいのみ、しんしんの5種類。
サーロインから脂の多い順番に並んでいて、その順番で食べるとよい。
どれもステーキ並の大判のものがのっていて、焼きながら、食べやすいようにハサミを使って切り分ける。

「サーロイン」:
さっと炙るくらいが丁度よく、脂の旨味がしっかりある。
山葵と塩、もしくは、味噌ダレが合う。

「たてばら」:
お腹まわりの肉になり、程よい脂と弾力を楽しめる部位。
分厚くカットされ、脂がたっぷりのっていた。

「フランク」:
ササミとも言われる、これもお腹まわりの部位。
濃厚な味で、しっとりして味わい深く、後味はたんぱくな感じ。

「かいのみ」:
中バラの一部になる。
キメが細かい肉で、脂の入り方も細かいので、食べやすい。
赤身の味もしっかりする。

「しんしん」:
モモ肉の部位でしっとりしている。
実は肉の下に野菜が隠れていて、それも焼き野菜で食べることができる。
この日は、玉葱、カボチャ、茄子、ズッキーニなど、4、5種類がのっていた。
とてもボリュームがあり、お得なので、これを頼んで足りなければ追加すればよい。

【ホルモン盛り合わせ】(1人前1980円)
我々は1人前を頼んだが、かなりのボリュームがある。
内容は日替わり。
この日は、レバー、みの、ハツ、しま腸、丸腸だった。
自家製もみダレでもんで出てくる。
新鮮なので、臭みもなく、歯ごたえがあって美味しい。
もみダレが絡んでいるので味濃いそうに見えるが、食べるとそうでもなく程よい感じ。

■■チョッチュ■■
椅子の中に荷物を入れられるのは良いのですが、蓋を閉める時にとても大きな音がするので、びっくりします。
音対策をしてくれたら嬉しいなぁ。
焼酎の計り売りがあるので、メニューに書いてもらえると嬉しいなぁ。

■■攻略■■
【大皿盛り】はお得なので頼むべし。

■■その他■■
客単価:4000〜5000円

ビールは、生370円から、瓶470円から。
ハイボールは390円から、サワーは470円から。
焼酎は、グラス400円から、1合520円から。
日本酒は、グラス450円から、1合750円から。
ワインは、グラス410円から、ボトル2800円から。

■■人気単品肉メニュー ベスト3■■
3位:【カルビ・上カルビなどのカルビ系】
2位:【上ロース】(980円)
1位:【ねぎタン】(780円)

■■オススメ店■■
スタッフの小川さん 中央区大名 「赤坂こみかん」
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら