放送日:2008年9月26日 地域:中央区平尾  
Living D

> TEL 092-406-0862
> 住所 福岡市中央区平尾2-2-20
> ジャンル 洋食
> オープン日 2008年5月30日
> 席数 28席(禁煙席)
> 営業時間 18:00〜26:00(入店OK)

定休日:日曜日
> 調査日 ■2008年9月19日

■天候 晴れ■時間 20:30


内容

今日ご紹介するのは、平尾にある夜カフェ居酒屋。

イタリアンからおつまみまで、自由に使うことができます。場所はビルの1階なんですが、小さな看板しかないので、ちょっと隠れ家的。

店内は広々で、アメリカの中古家具などを使っていて、北欧的な雰囲気。

シェフの原口さんは、鹿児島のイタリアン、中華で修行後、オーストラリアで和食を経験。

大名のステレオの後、店舗設計の仕事をして、独立。

料理の道は10数年。

前職もあって、この店は自分で設計しています。

料理、お酒もなんでもありで、イタリアン・中華・和食、日本酒・洋酒と様々。

1人で、2人で、仲間やパーティ、料理も様々なので本当に使い勝手のいいお店です。


チェック

ノーチャージ。基本はアラカルト。

コースも頼めるが、要前日予約(2500円〜)。



【自家製さつま揚げ ジェノバ風】(500円)

4つ入っている。

魚のすり身、エビ、バジルペーストをあわせ、揚げている。

さつま揚げのイタリアン風。

中がトロっとしている。トマトソースを敷いているのであわせて食べる。

バルサミコのサラダが添えてある。

おつまみになる、軽めな感じのさつま揚げ。新しい感覚だった。



【マカロニチーズ】(450円)

コンキリエと言うショートパスタに、ゴルゴンゾーラ、パルメジャーノを絡める。おつまみパスタ。

シンプルだが、お酒がすすむメニュー。



【レンコンのアラビアータ】(450円)

一度素揚げした蓮根を、ガーリックがきいているトマトソースと和えたもの。バケット付き。

蓮根の食感とソースの相性がいい。



【ぷりぷりエビの揚げ春巻き マヨネーズソース】(700円)

2本を半分ずつにカットして出てくる。

中にクワイ、エビ。春巻きの中が、ぷりぷり+まったりな食感でいい。

甘いマヨネーズソースにスウィートチリソースがかかる。この味もちょっと中華風でよい。



【キノコと揚げゴボウのサラダ】(600円)

キノコは日替わり。

この日は、マッシュルーム、えのき、しめじ。

これを胡麻油で風味をつけてソテー。

ゴボウは細切りを揚げる。それらが、冷たいサラダの上に乗っている。

ドレッシングは、醤油ベースに、玉葱、人参、ちょっとニンニクのオリジナル中華ドレッシング。

酸っぱすぎないのがいい。



【ワタリガニのトマトクリーム】(1300円)

麺はスパゲッティーニ。蟹は1杯使っている。

ガーリック、バターで蟹をソテー。ブランデーでフランベする。

ソースに甘みをつけ、トマトソース、生クリームでオレンジ色にする。

蟹の味とトマトソースの味がいい。



※参考

デザートは、和っぽいものが多い。

「クリームあんみつ」「ジェラート宇治抹茶金時」など

【攻略法】

酒が飲める人と飲めない人が一緒に楽しめる店なので、そういうシチュエーションにGOOD。



【チョッチュ】

「レンコンのアラビアータ」を頼んだけど、もう少し辛くして欲しかったなぁ。



【その他】

客単価:3000円

ワインはフルボトルで1800円〜。

600円で持ち込みOKだが、ガッツリ食事してください。

メニューに、酒に合うマークがあるので参考にしてください。



人気メニュー ベスト3

3位:【ワタリガニのスパゲッティ】

2位:【大根と豚バラ軟骨の味噌煮込み】(650円)

1位:【マカロニチーズ】
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら