「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2016年7月1日 地域:中央区薬院
過去の放送はこちら
井と瀬

> TEL 092-285-6658
> 住所 福岡市中央区薬院2丁目13-26 1F
> ジャンル 和食、居酒屋
> オープン日 2016年5月15日
> 席数 32席(カウンター6席) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 お昼 12:00〜15:00(O.S.14:30) / 夜 18:00〜25:00(O.S.24:00)
定休日:不定休
> 調査日 ■2016年6月24日
■天候 雨■時間 19時30分


内容

今日ご紹介するのは、メディア初登場。大正通り、秋本病院のすぐ近くにある、創作和食のお店です。ビルの1階ですが、入り口が引っ込んでいて、少し分かりにくいかもしれません。お店の名前は、オーナーである設計デザインをされている方と、店長の名前から1文字ずつ取って付けています。内装は、黒を基調とした落ち着いた雰囲気や、白を基調とした明るい雰囲気の空間があったり、曲線を使った仕切りなど、デザインも凝っています。店長の瀬戸口さんは、町場のケーキ屋さんのバイトから始まり、専門学校を経て、ホテル・ニューオータニのパティシエに。その後、居酒屋でデザートを担当しながら料理を勉強し、カフェで料理を担当。中洲の老舗「割烹川田」で和食を勉強するなど、この道15年。
この店のコンセプトは、和をベースとした、ダシを使った創作和食。洋風のものでも、お箸で食べられるようなスタイルで提供します。食材は、市場に仕入れに行ったり、産地まで出向くなど、自分の目で確かめた物を仕入れています。
少しお洒落な空間で、和洋折衷、様々な料理を楽しめる、女子会やデートにでも使えるお店です。


チェック

アラカルトとコース。コースは、5000円から、2名様から、当日可。コースは、前菜、刺身、一品料理(2品)、魚料理、肉料理、しめ、デザートの8品。価格は税込。我々は、アラカルトで頼んだ。

【最初の一品】(500円)
これが席料の代わりとなる。内容は、日替わり。和食の時もあれば、洋食の時もある。この日は、新玉葱と、新じゃがいものビシソワーズ北海道産のウニ添えだった。暑くなってきたので、冷たくてさっぱりしたものは良い。

【お刺身の盛り合わせ】(1900円から)
だいたい1人前で1900円から。5、6種類入るが、内容や価格は仕入れによって変わる。我々は2人前を頼み、3人で食べた。この日は、長崎産天然ヒラス、玄海産天然真鯛の昆布しめ、長崎産茶振り岩ダコ、玄海産シャコ、トラウトサーモンの炙り。ヒラスは活き物で、歯ごたえがあって美味しかった。茶振りダコは、ぬめりを取り、80度くらいにしたお湯にお茶の葉を入れて茹でて、臭みもなく、柔らかかった。シャコは、最近お目にかからないサイズを、塩茹で。トラウトサーモンは、トロの部位だが、脂がしつこくならないように、軽く炙っている。薬味で、山葵、赤卸し、柚子胡椒、生姜。胡麻塩、醤油、ポン酢が付いてくるので、お好みで。2人前だったが、3人で食べても十分な量。

【長崎産クラゲのごまポン酢】(500円)
生クラゲを塩もみし、大根、ニンジン、きゅうり、自家製ポン酢で和えたもの。自家製ポン酢は、橙酢、柚子酢に、昆布と鰹を効かせるためにダシを加えている。大根は鬼卸し。酸っぱすぎず、程よい甘さを感じて美味しい。

【自家製豆腐と青さ海苔のサラダ】(700円)
サニーレタス、グリーンリーフ、トレビスなどの葉物に、オニオンスライス、大葉、貝割れ、豆腐、アオサを加えたサラダ。アオサは、乾燥物に霧吹きで少し水分を加え、素揚げしたもの。仕上げに、フライド・オニオンとパプリカの自家製和風ドレッシングをかけている。イメージは、冷奴のサラダ仕立て。さわやかで美味しいドレッシングが食べやすかった。

【もちもちえびまん】(1個650円)
芋餅の中に海老を入れたもの。海老は炒め、ワタリガニで作ったソースと生クリームで軽く煮込み、ゼラチンを加えて固める。ジャガイモは湯がいて潰し、片栗粉を加えて練り上げ、できた芋餅で海老を包み、蒸しあげる。ニンニク、オイスター、胡麻油を使った中華風の餡をかけ、三陸産わかめを添え、餅の上に胡麻、葱、山葵、タデをのせる。もっちりした食感で、中のゴロッとした海老が美味しい。和洋中を織り交ぜた一品。

【佐賀県森山牛 炭火焼き】(2900円)
佐賀県多久市の豊かな自然の中にある森山牧場で育った和牛。牛舎が広く、のびのびと育った牛で、サシがありながらも、赤身の色合いが強い。A-5ランク。だいたい100g。部位は仕入れによって代わり、この日は、三角バラ。肋骨の周りで、赤身に適度な脂ののった部位で、しっかりした食感もある。薬味は、塩、レモン、胡麻、山葵、葱があり、ツケダレは、卸ポン酢、自家製ステーキソースを用意しているので、自分なりの食べ方ができる。

【名物、井と瀬のバッテラ】(800円)
以前いた居酒屋で教わった締め方で、軽く締めた鯖を使い、割烹で教わったシャリを組み合わせたもの。シャリには、振り柚子し、シャリのど真ん中に、締め鯖と、とろろ昆布を入れる。上にのった鯖の皮目は炙り、白板昆布をのせる。鯖の裏には、酢橘の皮を忍ばせている。程よい爽やかさがあるバッテラ。

【星野村抹茶ブリュレとバニラアイス】(650円)
元パティシエということで、デザートも頼んだ。甘さを抑えて、大人のブリュレ。それに、柑橘類とバニラアイスも盛り付けている。この日のフルーツは、グレープフルーツのルビーとホワイトだった。

【攻略法】
2、3人なら、デザートは、【盛り合わせ】(1500円)を頼むべし。これで、ほぼ全種類盛り付けて出てくる。シェアすると、ちょこっとずつにはなるが、様々な味を楽しめる。

【チョッチュ】
とてもスタイリッシュなお店ですが、トイレに行った後、カウンター裏のキッチンが丸見えになるので、何とかならないかなぁ。

【オススメ店】
瀬戸口さん 博多駅南 美人居酒屋 とんとん

【その他】
客単価 : 5000円〜6000円 飲んで食べて
ビールは、生550円、瓶500円。日本酒は、700円から。焼酎は、グラス600円から。ワインは、グラス700円から、ボトル2500円から。

人気メニュー ベスト3
3位 : 【名物、井と瀬のバッテラ】(800円)
2位 : 【宮崎産活〆うなぎの白焼き】(1500円)
1位 : 【和牛テールのとろとろ炭火焼き】(1800円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved. These contents are designed by Uproad Inc.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら