「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2017年7月21日 地域:中央区
過去の放送はこちら
千歳ラム工房 やまじん 渡辺通り店

> TEL 092-738-4129
> 住所 福岡市中央区渡辺通2丁目2-8
> ジャンル 居酒屋、焼肉
> オープン日 2017年6月29日
> 席数 48席 / タバコ:喫煙可
> 営業時間 17:00〜24:00(L.O.23:30)
定休日:現在、無休
> 調査日 ■2017年7月7日
■天候 くもり■時間 20時00分
> URL http://www.29yamamoto.jp/


内容

今日ご紹介するのは、九電裏の通りのビルの2階にあるジンギスカン専門店です。とても綺麗なカフェのような内装で、一見、ジンギスカン専門店には見えませんが、各テーブルには焼き台と排煙口があります。実は、北海道で創業66年になる、肉の製造卸の会社「肉の山本」が、全国に北海道のラム肉を知ってもらいたいということで、札幌に続いて2店目の直営店を福岡にオープン。取材時、たまたま山本社長がいたので、色々話を聞きました。羊の肉と言うと、福岡では臭いイメージを持っている方も多いと思いますが、それは過去の話。餌や飼育方法も変わり、肉質も向上しています。ちなみに、肉の名称で、「ラム」は、ざっくり言うと永久歯が生える前の生後1年未満の肉、永久歯が生えて2年未満のものは「ホゲット」、それ以上生育したものが、「マトン」になります。ここで取り扱っている肉は、北海道産のものから、オーストラリアの輸入肉まで。生ラム肉の取り扱いが、北海道で1、2を争うほど多い会社で、パッカーという現地の製造工場まで指定して、肉質にはこだわっています。生産者によっても味が随分変わるそうです。ジンギスカン専門店とは言っていますが、ほんのり香りはするが食べやすいラム肉を普通の焼肉のように楽しめるお店です。


チェック

基本、アラカルトのみ。今後、コースを作る予定。価格は、税抜き。

【お通し】(350円)
これが席料の代わりとなる。内容は、日替わり。この日は、ごぼうサラダだった。

【ラム刺し】(1人前880円)
オーストラリアからチルドで輸入した生ラム肉。その中でも、サーロインの芯の部分の肉。変なクセもなく、甘くて柔らかく、言われなければ何の肉か全く分からない。醤油、卸生姜、オニオンスライスが添えてあるので、お好みで。これは美味しい。

― 焼肉 ―
タレは醤油ベースで2種類。オリジナルの甘ダレと、道内向けに作った辛ダレがある。
焼肉には、キャベツ、玉葱、ピーマンなど、焼き野菜も少し添えている。

【北海道産サフォークラム】(1人前1050円)
特上が売り切れていたので、これを頼んだ。部位は、モモ、バラ。北海道で育ったサフォークという品種のラム肉。羊は、肉用種と羊毛種の大きく2種類に分かれるが、肉用種の中でも肉質が良いとされているのがサフォーク。体が大きく、あまり毛は伸びない。北海道産サフォークは、北海道生まれの北海道育ち。北海道で行われている、北のハイグレード食品S(セレクション)2017年度を受賞した、生産量も少なく、貴重なラム肉。1人前120gくらい。
普通の焼肉のように焼いて食べる。臭みもなく、ラムの味が薄くて、脂に甘味があり、柔らかい。ラム肉をきちんと部位に分けて食べられるのは嬉しい。セコイ話だが、札幌の直営店と同じ値段なので、送料を考えるとこれは安い。

【やまじん人気メニュー3種盛】(1980円)
札幌店で人気の焼肉メニュー3種類をセットにしたもの。単品で頼むよりお得で、何を食べたらよいか分からない人にとっても、良い。
1.「特上ラム肩ロース」。オーストラリアからチルドで輸入した生ラム肉の肩ロース。あっさりした北海道産に比べて香りも味も濃いが、食べやすさは変わらない。ジューシーで肉質もしっかりしている。
2.「壷漬け特上ラム肩ロース」。オーストラリア産生ラム肉の肩ロースを、1日ほど特製の醤油ベースで甘味のあるタレに漬け込んだもの。とても柔らかく仕上がっている。福岡県人にも合う甘さ。
3.「豚塩ホルモン」。北海道でジンギスカン店に行くと、必ず置いてある一品。ここの「豚塩ホルモン」は、自家製の塩ダレに漬け込んだものなので、北海道のものとは、少し味が違う。
弾力がある。羊肉だけだと飽きそうな時に、これは良い。

【ラムせせり】(1人前600円)
ラム肉のネック。よく動く部分なので、脂ものって、多少コリコリした歯ごたえのある食感。この食感を楽しむため、ビーフシチューに入っている牛肉並に、あえて厚切りにしている。特製ダレに漬け込んだもので、焼いて食べる。

【ラムタン】(1人前630円)
ラムのタンはとても小さく、1人前で1頭分くらいになる。邪魔な皮だけ取り除き、削ぎ切りしている。葱と特製ダレで和えて出てくるので、焼いて食べる。弾力があるが歯切れもよい。

【ラムレバー】(1人前500円)
焼いて食べる。クセがなく、牛のレバーに近い感じ。レバー好きには良い一品。

【ラムチョップ】(1本600円)
オーストラリア産生ラム肉。骨付きの厚切りロースになる。厚めにカットしてあるので、まずは表面にじっくり火を通して焼き固め、ハサミでカットして、側面を焼く。食べ応えがある一品。

【ラムウインナー(プレーン)】(600円)
肉の山本オリジナル。ラム肉に豚の脂、香辛料を加えたものを腸詰。非常にジューシー。4本入ってこの値段は安い。

【特製野菜炒め】(480円)
北海道でジンギスカンや焼肉の店に行くと野菜の上で肉を焼いたりする。それなら、野菜だけで美味しく食べられるようにしようと工夫したのがコレ。もやし、キャベツを、ポンポチ(鶏の尻尾)、鶏油で炒めて、鉄板にのって出てくる。
味付けは、塩胡椒のみ。ポンポチは中骨を取り、千切りにしている。

【攻略】
【やまじん人気メニュー3種盛】(1980円)は、お得で、この店の味が分かるので頼むべし。

【チョッチュ】
セコイ話ですが、焼酎を頼んだ時、ロックは良いのですが、水割りとお湯割りがもう少し大きなグラスだったら嬉しいなぁ。

【オススメ店】
山本さん 中洲 居酒家 たかはし

【その他】
客単価 : 4000円前後 飲んで食べて
ビールは、生480円、瓶560円から。ハイボール400円から。焼酎は、グラス380円から。日本酒は、1合510円から。ワインは、グラス420円から、ボトル1850円から。

人気メニュー ベスト3
3位 : 【壷漬け特上ラム肩ロース】(1人前820円)
2位 : 【豚塩ホルモン】(1人前630円)
1位 : 【特上ラム肩ロース】(1人前790円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved. These contents are designed by Uproad Inc.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら