「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2016年5月27日 地域:中央区
過去の放送はこちら
元祖角打ち しらすくじら 長浜店

> TEL 092-725-8181
> 住所 福岡市中央区大手門2-1-29
> ジャンル 居酒屋、焼肉
> オープン日 2016年2月29日
> 席数 60席(カウンター13席、2階テーブル席有り) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 お昼 11:30〜14:00(O.S.同) / 夜 17:30〜24:00(O.S.23:00)
定休日:無休
> 調査日 ■2016年5月13日
■天候 晴れ■時間 20時30分


内容

今日ご紹介するのは、浜の町公園のすぐ近くにある、「博多漁家 磯貝」の姉妹店です。磯貝と言えば、これまでに様々なお店とコラボして、イタリアンやアジアン・テイストのお店を出してきましたが、ここは、鮮魚と焼肉とのコラボ。「しらすくじら」は、お手頃価格の角打ち文化を広めることがコンセプトで、そこに魚だけではなく、肉も食べたくなるのではないかという話で、このお店をオープンしました。最初は、刺身を食べている横で、各テーブルにダクトがあり、七厘が用意されるとギョッとしますが、慣れるとどうってことはありません。一番多いのは、最初に刺身や魚料理を食べ、物足りなくなって焼肉を食べるという順番。
ですから、肉も各ポーションを少なくして、ちょこちょこ色んな部位を楽しめるようにしています。角打ち価格なので、肉も180円から、30種類ほどあります。魚は磯貝なので、長浜市場で競ってきたものが並び、肉は六本松の老舗、昭和32年創業の「松喜屋精肉店」から仕入れています。また、福岡ではあまり見ない各地の名物などもメニューに並んでいます。店長の橋本さんは、居酒屋や焼き鳥屋、焼肉屋などで修行。この道16年。肉も魚も食べられるので、意見が分かれることもなく、仲間でワイワイ楽しめるお店です。


チェック

基本、アラカルト。言われればコースを作ることもできる。飲み放題付き3500円(税込)から。要前日予約、4名から。ノーチャージ。アラカルトの価格は税抜き。

【名物!!ほうせき盛り】(680円)
その日に獲れた魚介類と、イクラ、トビコ、海老、キュウリを細かく刻んで混ぜ合わせたもの。この日の魚は、マグロとヒラメ。
イメージ的には、ばらちらし寿司の上にのっている具だけのような感じ。それがホタテの貝殻にのって出てくる。これを、海苔で巻いて、醤油につけて食べる。山葵が添えてあるので、お好みで。魚介類が沢山入って、コレは安い。

【生しらす】(540円)
静岡から急速冷凍したものを取り寄せ。九州では珍しい。この店では一年中食べることが出来る。
生姜醤油で食べる。トロッとした食感。レモンが添えてあるのでお好みで。

【トンゴロイワシの素揚げ】(380円)
高知では良く食べる魚。イワシと名がつくが、ボラやダツなどの近縁種で、イワシ類がニシン目に属するのに対し、これはトウゴロウイワシ目に属する全くの別物。10数センチくらいの大きさの魚で、鱗付きで素揚げする。鱗がカリッと、中はふっくらして美味しい。脂の旨さもあり、はらわたのほろ苦さと一緒になって美味しい。マヨネーズが添えてあるので、お好みで。

【海鮮サラダ】(590円)
キャベツ、水菜、グリーンリーフに、その日に仕入れた魚介類を細かく刻んで混ぜ合わせたサラダ。醤油ベースの和風ドレッシングをかけている。魚介類は、ヒラメ、イカ、海老などの他に、トビコと桜海老がたっぷり入っている。
混ぜ合わせて、お好みで海苔に巻いて食べる。かなりボリュームがある一品。

【ミノから】(380円)
ミノに塩胡椒し、薄力粉をつけて唐揚げにしたもの。レモンとマヨネーズを添えているので、お好みで。
弾力がある唐揚げで、ビールにぴったり。

―― 焼肉 ――
注文すると、七厘がテーブルに運ばれ、自分の席で炭火焼きする。部位は、牛で19種類、豚・鶏で8種類ある。
牛は、九州産が中心。その時の状態で、鹿児島や宮崎などになる。1人前180円からで、およそ50gほどなので、通常の焼肉屋さんのハーフポーションになる。タレは、醤油ベースの自家製。
【上カルビ】(480円)
あえて薄切りせず、サイコロ状にカットしたもの。薄切りしていないので、歯ごたえも味わえて良い。たれ焼き。

【上ロース】(480円)
こちらも、あえて薄切りせず、サイコロ状にカットしたもの。とてもジューシーだった。たれ焼き。

【サンドミノ】(380円)
ミノと脂が一緒になっているので、ミノのコリコリ感とホルモンの脂のジューシーさを一度に味わえる。塩焼き。

【テール】(380円)
薄く輪切りにしているので、肉をきれいに食べることが出来る。塩焼き。

【シビレ】(280円)
和牛のすい臓になる。あまり扱っているところはない。ふわふわした食感。たれ焼き。

【ヒキスジ】(280円)
牛の首やモモなどのすじの周りの肉。赤身らしい味わいがある。たれ焼き。

【攻略法】
日替わりの中で、メニューに載っていないものもあるので、店員さんと仲良くなって、その日のオススメを聞くべし。

【チョッチュ】
焼肉を食べだしたら、口直しの野菜が欲しくなるので、焼野菜や、サンチュなどがあると嬉しいなぁ。

【オススメ店】
橋本さん 上人橋通り けごや 鰓(あぎと)

【その他】
客単価 : 3000円前後 飲んで食べて
ビールは、生380円、大瓶520円。日本酒は、380円から。焼酎は、グラス380円から、飲み切りボトル1980円から。

人気海鮮メニュー ベスト3
3位 : 【生しらす】(540円)
2位 : 【かわはぎ姿盛り】(2人前750円)
1位 : 【名物!!ほうせき盛り】(680円)

人気焼肉メニュー ベスト3
3位 : 【上ロース】(480円)
2位 : 【タン】(380円)
1位 : 【上カルビ】(480円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved. These contents are designed by Uproad Inc.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら