「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2019年1月11日 地域:中央区
過去の放送はこちら
筑豊ホルモン ボタ山

> TEL 080-3996-3929
> 住所 福岡市中央区渡辺通2-9-1 Shin Watanabedoriビル 201
> ジャンル 肉料理
> オープン日 2018年11月18日
> 席数 18席(カウンター4席) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 17:00〜26:00(L.O.25:00)
定休日:不定休
> 調査日 ■2018年12月21日
■天候 晴れ
■時間 19時30分


内容

今日ご紹介するのは、九電ビルのすぐ裏にある、筑豊ホルモンと焼肉のお店です。
ビルの2階にあり、扉を開けると、壁には短冊メニューがたくさん貼られ、THE大衆居酒屋の雰囲気。
テーブル席、小上がりとカウンターがあり、排煙口がついています。
大将はなんと、平尾のフレンチ「Le un」(2012年9月7日OA)の江原さん。
シーホークで6年、街に出て、市成で3年など、様々なフレンチ、イタリアンを修行。
2012年に「Le un」をオープンし、この道24年。

この店は、天道ホルモンを福岡で食べたもらいたいという思いで始めました。
「天道ホルモン」は、江原さんの地元、飯塚にあるホルモン専門の小売店。
飯塚に住んでいた頃は、毎週のようにここのホルモンを甘辛いタレに絡めて焼いたり、ちりとり鍋で炊いたりして食べていたそうです。
天道ホルモンの味に惚れ込んだ江原さんが、数年前からお願いし、ようやく許可が出たので、満を持してのオープンとなります。
天道ホルモンは飲食店に卸していないので、お店でこの味が楽しめるのは、ここだけです。
仲間とワイワイガヤガヤ、ホルモンと焼肉を楽しめるお店です。


チェック

アラカルトのみ。
言われれば、要前日予約で、料理3000円くらいからコースにしてくれる。
価格は税別。
ノーチャージ。

【牛ハツ刺】(680円)
食べやすい大きさにカットしたハツの刺身の上には、紅芯大根を卸したもの、白葱のみじん切り、青葱の小口切り、胡麻を散らし、ニンニク醤油をかけている。
緑と赤が鮮やかで、見た目もキレイ。
ニンニクがきいて美味しい。

【センマイ刺】(680円)
センマイは細めにカットして、白髪葱、細めにカットしたキュウリ、塩、ごま油と和え、上に、小葱をのせ、胡麻を振っている。
コチュジャンを加えた酢味噌、一味、ピンク塩が添えてあるので、お好みで。
野菜と和えているので、サラダ感覚にもなり、センマイは細く切っているので食感も面白い。
酢味噌はスプーンでのばしたようになっていたり、盛り付け方が、フレンチっぽい。

【博多ホルモン豆腐】(560円)
豆腐はお湯で温め、その上に甘辛く炊いた小腸をかけたもの。
小腸は脂身が多くプリプリしたものを開き、コチュジャン、味噌、醤油などで炊いている。
仕上げに、小口切りした青葱、みじん切りした大葉、胡麻、一味を振っている。
淡泊な豆腐に甘辛いホルモンが絡んで、お酒がすすむ一品。

【名物!ボタ山サラダ(巻き野菜付)】(750円)
大きなお皿の上にサニーレタスを拡げ、その上にカップがのって出てくる。
カップを取ると現れるのは、「ボタ山」に見立てた、黒胡麻をたくさん振った千切りキャベツ。
このキャベツの千切りには、カイワレ大根、梅ひじき、ごま油を合わせている。
周りにあるサニーレタスは、サンチュ代わりに肉に巻いて食べても良いし、そのまま食べても良い。
ちなみに、添えてある紅芯大根は、ハート型にくり抜いていた。
これを1つ頼んでおくと、口直しにもなるので便利。

『焼き』
目の前にガス台がある。
焼肉、ホルモンは、常時10種類ほどある。
ホルモンのモミダレは、味噌ベースで、天道ホルモン製。
付けタレは、醤油ベースの自家製で、コチュジャン、赤味噌などを使い、見た目よりあっさりしている。
他にピンク塩もあるので、お好みで使い分けると良い。

【牛サガリ】(1290円)
仕入れによって産地などは変わる。
この日は、和牛サガリ。
とても柔らかく、大きめにカットしているので、食べ応えもある。

【ミノ】(680円)
ミノは、細めに長くカットしているのが珍しい。
火の通りをよくするのと、歯切れが良いように、縦横斜めに隠し包丁を入れ、塩、胡麻油、ブラックペッパーを振っている。
新鮮で弾力があり、食べやすいミノだった。

【牛テール(スライス)】(890円)
テールは煮込んでホロホロになったのを食べることが多いが、ここは生のまま、輪切りスライスにしていて、それを焼いて食べる。
噛み応えがあり、赤身肉の味だけでなく、骨の周りの旨味も楽しめる。
最後は手づかみで味わって欲しい。

【噂の天道ホルモン】(680円)
直腸と小腸があり、どちらも同じ値段。
我々は、どちらも頼んだ。
直腸も小腸も、牛と豚のミックスというのが天道ホルモンの特徴。
モミダレで、もみこんで出てくるので、それを焼いて食べる。
ホルモンの味もしっかり出ていて、食感が良い。

【好きヤキ】(500円)
この店オリジナルのシステム。
好きな肉を選んでこのメニューを頼むと、スキレットが出てきて、
すき焼きのようにスタッフが調理してくれる。
選ぶ肉は自由で、ホルモンでも大丈夫。
我々は、「ビンタ(牛ホホ)」(750円)のスライスをオーダー。
つまり、1250円になる。
ガス台の上に割り下を入れたスキレットをセット。
スキレットの中がグツグツしたら、ガス台で肉を軽く焼いて、スキレットに入れる。
その上に砂糖代わりの綿菓子をのせ、綿菓子が溶けたら、白髪葱を加え、火が通ったらできあがり。
生卵と小葱も出てくるので、お好みで。
卵は溶いて肉をくぐらせても良いし、スキレットにかけても良い。
追加卵はプラス100円。
焼肉だけではない食べ方ができて、変化をつけられる。
ほんのちょっとだけ「すき焼き」を食べたいと思う人にも良いメニュー。

■■攻略■■
すき焼き風も楽しめる【好きヤキ】は、頼むべし。
トイレが遠いので、ちょっと早めに行くと良い。

■■チョッチュ■■
【好きヤキ】は美味しいのですが、甘さの調節ができたら嬉しいなぁ。

■■オススメ店■■
江原さん 中央区今泉 「酒とさかな ふじ」

■■その他■■
客単価:4000〜5000円 飲んで食べて

ビールは、生500円から、瓶590円から。
ハイボールは390円から、サワーは450円から。
焼酎は、グラス390円から、1合500円から、5合飲み切り2000円から。
ワインは、グラス480円から。

■■人気メニュー ベスト3■■
3位:【ビンタ(牛ホホ)】(750円)
2位:【名物!ボタ山サラダ(巻き野菜付)】(750円)
1位:【噂の天道ホルモン】(680円)(小腸・直腸)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら