「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2017年5月12日 地域:中央区赤坂
過去の放送はこちら
鶏焼 冠尾

> TEL 092-753-8277
> 住所 福岡市中央区赤坂1-6-1
> ジャンル 居酒屋
> オープン日 2016年8月2日
> 席数 54席(カウンター14席、小上がり、テラス席有) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 平日ランチ 11:30〜13:30(親子丼のみ) / ディナー (平日)17:00、(土日祝)16:00〜26:00(O.S.25:00)
定休日:無休+不定休
> 調査日 ■2017年5月5日
■天候 雨■時間 19時30分


内容

今日ご紹介するのは、大正通り沿いにある、鶏専門店です。築50年以上になる米穀店だった建物を改装して、すっきりした店内は、左手にカウンターがあり、コの字型にテーブルを配置。2階には、小上がりと卓袱台テラス席もあります。
店長の小谷さんは、東京で飲食店を15店舗ほど運営する会社に8年務め、今回、地元福岡に初出店するということで、この店を任され、新業態としてオープンしました。この道10年。料理長の貴田(きだ)さんは、和食一筋20年。この店の特徴は、鶏専門だということ。豚、牛、魚は扱っていません。また、鶏は、さつま知覧どりを使っています。さつま知覧どりは、400〜700日の長期育成されたもので、地鶏ほど固くなく、若鶏ほど柔らかくない、非常にコクのある味わいが特徴です。
それを鹿児島から丸のまま取り寄せ、店で部位に分けています。そして、価格を1000円未満に抑えるため、調味料や、果実酒なども、できるだけ手作りしています。鶏をリーズナブルに様々なカタチで味わいながら、仲間との飲み会にも良く、アクセスの便利な場所にあるお店です。


チェック

アラカルトとコース。コースは、飲み放題付き3500円、4000円(鍋有)。4名様から、要前日予約。
価格は、コースは税込、アラカルトは税抜き。ノーチャージ。

【白肝しぐれ煮】(490円)
雌鶏の肝で、卵を産むために栄養を蓄え、白くなっているもの。フォアグラのような感じ。それを、さっとボイルし、中がレアな状態で、醤油、酒、味醂、生姜、ニンニクをきかせたものに漬け、低温で味をじっくり染み込ませている。
小鉢に盛り、小葱と針生姜を散らして出てくる。俗に言う鶏臭さがなく、ねっとり感も味わえる一品。

【鶏梅水晶】(390円)
いわゆる「鮫の梅水晶」の鶏版。ヤゲン軟骨をボイルし、柔らかい部分だけを使い、千切りにする。鶏節、梅肉、酒で和え、胡麻を散らしている。鶏節は、鶏胸肉を乾燥させて薄く引いたもの。これで味に深みを出している。
かなり手間をかけ、出来るのに3時間くらいかかる。コリコリした食感で、お酒のアテにぴったりで美味しい。

【限定!炙り刺し】(990円)
稀少部位4種をまとめたもの。本来なら刺身になるような部分を炭で炙って、カットして出している。山葵醤油で食べる。
ももの付け根にあるソリレス、大腿骨の周りにあるトロ、首肉になるセセリの前側と後ろ側。ソリレスは、フランス語で「コレを残すものは愚か者」という意味で、ぷっくりしていて、旨味が凝縮されていて美味しい。トロは、適度な脂もある部位。セセリは、後ろ側の方が弾力がある。1皿で1羽分になる。一度に様々な部位を味わえるのが良い。

【砂ずり塩昆布和え】(590円)
生の砂ずりを千切りし、塩昆布、きゅうり、胡麻油で和え、胡麻を散らした、シンプルな一品。砂ずりは4個分使用。
赤と緑の色も鮮やかで、コリコリした食感も楽しめ、塩昆布の塩加減がいい感じ。酒飲みには堪らないつまみ。

【厚揚げ「雪虎」】(490円)
厚揚げは、「竹虎」と「雪虎」の2種類ある。江戸時代から親しまれてきて、北大路魯山人も好きだったという、居酒屋定番の厚揚げ料理。焼き網で焦げ目がついた厚揚げを虎に見立てて、竹のような青色の葱を使うと「竹虎」、雪のように白い大根卸を使うと「雪虎」と言う。我々は、「雪虎」をチョイス。豆藤の特注した厚揚げ豆腐を、焼き目をつけるように焼き、その上に大根卸をのせ、その上に卸生姜をのせている。シンプルだがほっとできる味。

【鶏南蛮】(790円)
鶏胸肉は小麦粉をつけ、卵液に潜らせ、2度揚げしている。それを甘酢に潜らせてカットして皿に盛りつけ、さらに甘酢をかけた後、自家製タルタルソースをたっぷり添えている。甘酢の酢は強くなく、タルタルの味とのバランスも良い。鶏肉は中がしっとりとジューシーで、肉厚。

【混ぜ焼き】(990円)
炭焼きのメニューの中に「もも焼き」「むね焼き」「かわ焼き」があるが、それらが全部混ざっているのが、コレ。
他に、手羽、ぼんじり、ハラミなどの部位も入る。鶏油をかけながら、炭火で焼く、いわゆる宮崎式。
こうすることで、炙りながら、軽くスモークされる。固すぎないが弾力があり、美味しい。鶏肉は、熱々の鉄板にキャベツを敷いて、その上にのって出てくるが、鶏の脂と鉄板の熱で良い具合にキャベツにも火が通り、これもまた美味しい。

【攻略】
変わったメニューが沢山あるので、2、3人で来て、アラカルトで様々な味を楽しんで欲しい。

【チョッチュ】
メニューが分厚い板に貼ってあるのですが、落としたり倒したりしてしまうので、メニュー立てがあると嬉しいなぁ。
葉物の野菜のサラダがあると嬉しいなぁ。

【オススメ店】
小谷さん 中央区 SPAIN BAR P

【その他】
客単価 : 3500円前後 飲んで食べて
ビールは、生490円から、瓶650円から。ハイボール390円から。自家製サワー530円から。日本酒は、590円から。焼酎は、グラス390円から、飲み切り5合2500円から。ボトルセット300円。

人気メニュー ベスト3
3位 : 【よだれ鶏】(690円) 四川料理
2位 : 【鶏刺し盛り合せ】(990円)
1位 : 【混ぜ焼き】(990円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved. These contents are designed by Uproad Inc.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら