fmfukuoka

番組紹介


クハラシゲヤス

木原友香

放送時間: (火)11:55-12:00
出演: クハラシゲヤス、木原友香
e-mail: cafetribe@fmfukuoka.jp

福岡と九州のカフェ情報サイト「カフェ・トライブ」の管理人・クハラシゲヤスと木原友香がお送りするカフェ案内。
こんな時に行きたいあのカフェ、ちょっと変わったあのカフェなどなど、クハラシゲヤスの目線でゆるりと案内します。そのうち「泣きカフェ」とか登場する…かも。



第13回2013年3月26日「最終回」編

2013年の元旦からスタートしたこの番組
「クハラシゲヤスのカフェトライブ」ですが、
今回の放送で最終回となりました。。。

3か月間の間に訪れたカフェの数は11。。。
色々なカフェをご紹介してきましたが
皆さんの心に残るカフェは見つかりましたか?

心にほっと一息つかせてくれる「カフェ」という場所。

皆さんの日常の中に「カフェタイム」が組み込まれることを願いつつ、
福岡のカフェシーンはまだまだ続いていきますよー♪♪


放送の中でもクハラさんがおっしゃっていましたが、
4月には「グッドモーニング福岡」というタイトルで
「モーニングコーヒー」のイベントも開催されるそうですよ!!

まだまだ福岡では馴染みがない「カフェで朝食を」...
というライフスタイルですが、
美味しいコーヒーと美味しいモーニングを食べて
素敵な「グッドモーニング」を楽しんで欲しいですねぇ♪


詳しい内容は、クハラさんが運営している
福岡と九州のカフェ情報サイト「カフェトライブ」内でも
発表されると思いますので、カフェトライブをちょこちょこチェックして下さいね!!

カフェトライブのHPはコチラをクリック

番組は今回で最終回ですが、福岡のカフェシーンは
他の地域ではありえないと言っても過言では無いくらい、
お店同士が仲良く横の繋がりを活かして
美味しいコーヒーや旬な情報を共有しようと頑張っていますので、
皆さんも是非福岡のカフェに足を運んで、
福岡のカフェ文化を一緒に作っていきましょうね!!

皆さんにとって充実したカフェライフが今後も過ごせますように願いつつ、
このブログも最終回とさせて頂きますね。。。

それではまたの機会まで、サラヴァー♪

卒業シーズン真っ只中の3月中旬、
今年は桜の開花も早かったので、
桜咲く卒業式になった所も多いのではないでしょうかねぇ。。

卒業式と言えば、学校生活を振り返って号泣するタイプと、
これからの未来が楽しみでニコニコしているタイプが
いたような気がするのですが、
今回、クハラさんが「卒業、旅立ち」というテーマの元
ピックアップして紹介してくれたcaféはまさに後者のタイプだったのでは??

今回ご紹介したカフェは福岡市東区松崎にある
「café space ichica bachica(イチカバチカ)」さん
オーナーの中嶋清さんにお話を伺ってきましたよ。

RIMG2434.JPG RIMG2436.JPG

さて、今回のテーマ「卒業、旅立ち」に
クハラさんが「イチカバチカ」さんをピックアップしたかと言うと、

「脱サラしてカフェをオープン、お店を軌道に乗せた今、
 今度は新しい場所にカフェを移転する準備を着々とされているから」

つまり、サラリーマンからの卒業、そして、今のお店からの旅立ち。。。

ぐむむむむ。。。テーマと完璧な一致。。。さすがクハラさん。。。


さて話を戻して......

元々サラリーマンだった中嶋さんが、「サラリーマンが嫌で」
脱サラを考える事5年。
今なら独立できると2009年10月にオープンしたのが
今回お話を伺った「café space ichica bachica」

「イチカバチカ」という名前もインパクトがありますが、
この名前は、元々、日本語の名前が良かったことと、
他にない特徴的な名前が良かったそうで、
それなら「脱サラする時の気持ち」と「インパクト」のある店名を...
と考えて誕生したんだそうです。。。

「イチカバチカ」という語感だけ聞くと、
皆さん一体どんなcaféなんだ???
と思われるでしょうが、
店内はモダンでオシャレなcaféでしたよ!!(笑)

RIMG2446.JPG RIMG2444.JPG

因みに、お店の前の駐車スペースに車を止めにくい場合は、
女性限定で(笑)、
元カーディーラーでお仕事をされていた中嶋さんが
バシッ!!っと止めてくれるそうですよ!!

RIMG2445.JPG

そんな今の「café space ichica bachica」について
オーナーの中嶋さんとクハラさんによる対談は
コチラのポッドキャストでチェック!!
中嶋さんの熱さが伝わりますよ!!

今のichica bachicaのお話編はコチラ


そして、今や地域に無くてはならないcaféに育った「ichica bachica」ですが、
来年2014年に移転をするそうなんです!!
地元で活躍している作家さん達や、
空間プロダクトを手掛けられている方々と一緒に作り上げたいと
中嶋さんに熱く語って頂きましたよー!!

そんな今後の展開については
コチラのポッドキャストをチェック!!!

今後の展開のお話はコチラ

ポッドキャストを聴いてみると、
熱くて、真っ直ぐな中嶋さんの人柄に触れて、
冒頭に書いた「卒業式で、これからの未来が楽しみでニコニコしているタイプ」を
思い浮かべてしまいませんか??

皆さんも、所要で東区にお出かけの際は是非
「café space ichica bachica」に立ち寄って、
中嶋さんから元気を貰ってみて下さいね!!


■café space ichica bachica■

住所:福岡市東区松崎2-20-14
電話:092-672-6301
営業時間:11:30?21:00(月曜日は17:00まで)
店休日:火曜日
座席数:25席

カフェトライブ内で紹介されている「café space ichica bachica」のページは
ichica bachicaのページはコチラ
そして、その他、色々なカフェ情報を知るには
カフェトライブのホームページへ:カフェトライブのトップページはコチラ

それでは、サラヴァー♪

さてさて、前回のブログでは「COF-FUK(コファック)」という
福岡のコーヒー集団について教えて頂いた
「MANLY COFFEE」の須永さんですが、

RIMG2401.JPG RIMG2402.JPG

「COF-FUK」のお話だけではなく、
「MANLY COFFEE」についてもお話をお伺いしてきたので、

今回は...
「第11回(その2)」と題して「MANLY COFFEE」について
須永さんからお聞きしたお話をご紹介しようと思います♪

RIMG2412.JPG

元々スターバックスコーヒー等でカフェのお仕事をしていた須永さん、
COF-FUKのメンバーとして活動していく中で、
独立してカフェを始めようかなぁ...なんて思っていたそうなんですが、
「今、MANLY COFFEEの店舗があるスペースじゃ、
カフェをするには狭すぎるし...んー」という中で思い立ったのが

「焙煎」というお仕事。

RIMG2419.JPG

思い立ったきっかけは、
"今後、カフェをするにも、焙煎まで出来たら安くあがるし、
 コーヒー豆についての知識も深くなるし、やってみない手はないな"
といった考えからなんですって!!


また、MANLY COFFEEの須永さんは「エアロプレス」という
コーヒーの淹れ方の第一人者。

ん?エアロプレス??

また出てきましたね、新たな淹れ方が(笑)

ドリップ、サイフォン、フレンチプレス、エスプレッソに続く第5の豆知識


【エアロプレスとは】

2005年に2005年アメリカのAerobie(エアロビー)のアランさんによって
発明されたそうです (MANLY COFFEEさんのHPから拝借しました。。。)

特徴としては。。。

■■エアロプレス5つのおすすめポイント■■
1.1杯分を気軽にカンタンにつくることができる
2.エスプレッソやカフェラテも楽しめる
3.電器がいらない
4.後片付けが楽で丸洗いができる
5.なによりおいしい!

ということなんだそうです!!(これまたMANLY COFFEEさんのHPから拝借しました)

「百文は一見にしかず(勝手に造語)」

とりあえず、MANLY COFFEEさんのここを見て頂ければ
どんなものかが分かります!!

MANLY COFFEEさんのエアロプレスについてのページ


つまりお手軽に圧力抽出したコーヒーが楽しめるということですね!!


因みに私たち取材クルーがお邪魔した時は
焙煎したての浅煎りコーヒーをフレンチプレスで淹れて下さったのですが、
浅煎り特融の軽やかですっきりとした味が、
午後のひと時にマッチして、とっても美味しい時間を頂きましたよー♪♪

RIMG2416.JPG RIMG2414.JPG


そうそうMANLY COFFEEでは、
スペシャリティーコーヒーの豆を買う事はもちろん、
テイクアウトでコーヒーを頂く事も出来るので、
是非、小笹周辺に行かれた際は.........

いや、MANLY COFFEEを目指して小笹へ向かって、
須永さんとコーヒー談義を楽しんでみてはいかがでしょうか??


さらに、毎週水曜日の14時から15時の間は
「パブリックカッピング」という試みを3月から始められていて、
一般のお客さんに「カッピング」を通じて
美味しいコーヒーの味を覚えて貰おうという企画も始まっていますよ!!


そんなMANLY COFFEEの須永さんとクハラさんの
カフェ談義はコチラのポッドキャストで楽しんで下さいね!!

MANLY COFFEE須永さんとクハラさんのカフェ談義


二回に渡ってお届けした須永さんへの取材ブログですが、
最後に、コーヒー豆をご購入のクハラさんの写真でお別れです(笑)

RIMG2420.JPG RIMG2421.JPG

■MANLY COFFEE■

住所:福岡市中央区小笹2丁目12-4-105
電話:092-522-6638
営業時間:月-金 9:30-17:00 土 9:30-15:00
店休日:日曜/祝日
ホームページ:MANLY COFFEE HP

地図はコチラ
MANLY COFFEE map.gif


それでは、サラヴァー♪

3月も中旬に差し掛かり、卒業シーズン真っ只中、
桜の花もちらほら咲き始めている頃ですねぇ。。。

卒業、入学シーズンと言えば、
新たなる旅立ちとか、別れなんかをイメージしがちですが、
それって詰まる所「コミュニティ」や「グループ」が変わる事で起こる
変化だなぁと思う訳ですよ。。。

そんな事をクハラさんと雑談していると、クハラさんから
「福岡のCAFEシーンにはCOF-FUKというCOFFEE集団がいらっしゃいますよー」
なんて聞いたもんで、

今週はそのCOFFEE集団「COF-FUK」について
クハラさんに教えて頂く事にしましたよー!!


そんな噂のCOF-FUKについてお話をお伺いしたのは、
中央区小笹にある焙煎も手掛ける珈琲豆屋さん
「MANLY COFFEE(マンリーコーヒー)」の須永紀子さん。

RIMG2403.JPG RIMG2405.JPG

小笹の坂道を登り切った所にあるアパートの一室にある
「MANLY COFFEE」でお話をお聞きしたのですが、
コーヒーの焙煎の香りが心地よい空間でゆったりとお話を聞くことが出来ましたよ!!

あっと、今回はCOF-FUKについてのお話ということですので、
まずはCOF-FUKについてお話をお伺いしたのですが、

COF-FUK(コファック)とは、元々コーヒーと福岡が好きな人達が
自然と集まってできたグループで、
「コーヒーとコーヒーに対する愛情と情熱をもった人々の集まり」なんだそうです。

今ではスペシャリティーコーヒーなんて単語も、日常生活の中でもちらほらと
聞くようになりましたが、そんな言葉が流行り出す前から
どうやったら美味しいコーヒーが出来るのか?とか、
皆でカッピング(利きコーヒー)をして美味しいコーヒーを知ろう!!とか
ラテアートをしている様子をustreamで配信してみよう!!
等々、色々な試みをしながら、
皆で一緒にコーヒーについての情報や知識を共有し合ってきたんだそうです。

今ではメンバーに福岡を代表するCaféの皆さんが名を連ねているのですが、
元々は、まだカフェを開業する前からのメンバー等も多くいらっしゃるそうなんですねぇ。

因みに参加しているメンバーがいるカフェは......
Manu coffee , REC COFFEE , Tana Café , 焙煎屋 , 豆香洞コーヒー ,
townsquare coffee , 美松珈琲 , 蘭館 , 萌香 , TOMOMO COFFEE , esaki coffee ,
そしてお話をお伺いしたMANLY COFFEEという事で、
本当に錚々たるカフェの中のスタッフやオーナーさんが
参加しているグループなんですねぇ!!

気になるぞCOF-FUK!!もっと知りたい!!という方は
コチラのポッドキャストをチェック!!!

COF-FUKについてはコチラをクリック


そして、お話をお伺いしたMANLY COFFEEについても
須永さんにお聞きしたのですが、
こちらも沢山お話をお伺いしたので、
別途UPさせて頂こうと思っていますよー!!

MANLY COFFEEのキーワードは......
自家焙煎、カッピング、エアロプレス!!!乞うご期待というフレーズで次回に続くー♪♪

それでは、サラヴァー♪

皆さんもう3月ですって!!
番組が始まってもう3か月目...
真冬だった季節も徐々に春めいてきましたねぇー♪♪

まぁ花粉やら大気汚染やらなんやらかんやらありますけども、
今日は啓蟄ですよ!!

虫達だって出て来る季節なんですから、
人間の我々だって外に出たくなる季節の到来ですよー!!
顔にはマスク、メガネを装備してでも外に出たいぃぃぃぃぃ!!ってなるのは
番組スタッフの私だけでしょうか??

いーーーや、そんな事はないだろう。。。多分。。。きっと。。。


そんな思いと願いを込めつつ、今回クハラさんにお願いしたカフェテーマは
「公園とか、散歩とか、そんな気分の時に楽しめるカフェ」


すると、クハラさんが
「テーマに完璧に合うカフェが城南区に出来ているのでそこに取材に行きましょう!!」
と瞬時に決定したのが、今回取材でお世話になった
「公園カフェ Bianco Blanco」さん。

カフェの店名にそのまま「公園カフェ」と付いているだけに
期待も膨らみますよねー。。。

お店の場所が城南区役所の近くと聞き、
そんな場所に公園なんてあったかな。。。と思いつつ
近隣のコインパーキングに車を止めて、スマホの地図に従って歩いていくと、
まず聞こえてきたのが子供達の喚声。。。

おっ、やっぱり公園があるのかしら?と
その喚声に導かれるようにちょっと進むと
突如として現れる児童公園「鳥飼南公園」。。。

RIMG2322.JPG RIMG2324.JPG


本当に遊具が一つだけのかわいらしい公園なんですが、
そのお隣にありましたよ、「公園カフェ Bianco Blanco」さんが!!

文字通り、公園の真横に面しているこの「公園カフェ Bianco Blanco」、
お話をオーナーの則武さんにお伺いしましたヨ!!

RIMG2338.JPG

まず気になってお伺いしたのは「Bianco Blanco」の意味。
イタリア語で「白いブランコ」という意味だそうで、
日本語にしてみると「公園カフェ 白いブランコ」。。。
まさに公園カフェに相応しいカフェのお名前でした♪

RIMG2335.JPG RIMG2332.JPG

そして、この「公園カフェ Bianco Blanco」さんのメニューは
どれを見てもリーズナブル!!!
ホンットニ、リーーーーズナブルーーーーー!!!

RIMG2354ss.jpg

その辺りの事をお伺いしてみると、
則武さん曰く「何もこだわりが無いから、ちょとした公園の売店代わりに
使ってもらえればと思ってですねー」と。。。

しかもテイクアウトも出来ちゃうので、
子供を公園で遊ばせる前にテイクアウトでコーヒーを買って、
公園で子供と遊びながらコーヒーを楽しむも良し、

公園でひとしきり子供を遊ばせた後にちょっと立ち寄って
コーヒー片手に家路につくも良しなんですよー♪

RIMG2330.JPG

あっ、そうそう、ここ「公園カフェ Bianco Blanco」の看板メニューの1つに
「ホットケーキタワー」というものがあるんですが、
これは、小さめのホットケーキが6段重ねで重ねてあって、一番上にアイスクリームが
乗っているというカップルにも親子連れにも嬉しいメニュー!!

RIMG2353.JPG

公園帰りに「お腹がすいたー」という場合には、
こちらの「ホットケーキタワー」を頼めば
子供達にとって「見た目にも嬉しい」一押しメニューになるのでは
ないでしょうか??

因みに、アイスクリームの代わりに更に2段増やして8段重ねのホットケーキに
することも可能なんですってよ!!

8段ってすごい。。。。。(笑)


場所的には、本当に城南区役所のすぐ北側に立地しているので、
区役所帰りにも是非利用して頂きたいなーと思いましたよ。


さて、そんな「公園カフェ Bianco Blanco」のオーナー則武さんと
カフェトライブのクハラさんのカフェトークは
こちらのポッドキャストをチェックチェックチェック!!!

「公園カフェ Bianco Blance」ポッドキャスト

後ろでかすかに聞こえる子供たちの嬌声が公園カフェたる所以ですよ♪♪


■公園カフェ Bianco Blanco■

住所:福岡市城南区鳥飼6-12-11
電話:092-515-4695
営業時間:10:30-22:30(土・日曜・雨の日は12:00-20:00)
店休日:火曜日
座席数:10席

カフェトライブ内で紹介されている「公園カフェ Bianco Blanco」のページは
コチラをクリック

そして、その他、色々なカフェ情報を知るには
カフェトライブのホームページへ:カフェトライブTOPページ
それでは、サラヴァー♪