会社案内

番組審議会

[ 戻る ] [ 前回 ]



第530回

■開催日 2018年06月18日
■開催場所 FM福岡 本社会議室
■出席者 中村萬里 委員長、内村芳郎 副委員長、犬塚英夫 委員、川上哲平 委員
(社側) 佐々木克 代表取締役社長 他3名

■議題
第530回 FM福岡 番組審議会は、6月18日(月曜日)午後4時から
エフエム福岡 会議室で行われました。
出席は、中村 萬里委員長はじめ4名の委員の皆さん。
エフエム福岡からは、佐々木代表取締役社長 以下4人の社員が参加しました。

審議対象となった番組は、毎週土曜日午前11時半から放送中の「SOUND PUREDIO Presents 音解
<オトトキ>」です。毎週、ミュージシャンをゲストにお迎えして、自身の楽曲のこだわりを
述べたり、ドライビングミュージックを選曲していただく事で、音楽の新たな魅力に迫ろうという
プログラムです。

さて、審議では、
「番組タイトルが示すように、ミュージシャンの生の声が聴ける良い番組である、ゲストの1曲を取り
 上げるコーナーは、ゲスト自らの解説付きで聴ける点が良かった。パーソナリティとゲストの
 トークバランスが良く、パーソナリティの聴き方が上手だと感じた。」

「番組の中でかかる楽曲数は少ないが、作り手の思いが伝わってくるようで、とても良いと
 思いました。安っぽくなりがちなプロモーションもこの番組の様な構成なら聞きやすいと
 思いました。」

「25分の中に、アーティストの伝えたいことがぎゅっと詰まっていて、とても楽しく聴くことが
 できました。ゲストの語りがとてもいきいきしているのが印象的でした。パーソナリティの語りは
 ゲストを上手にリード資料ていることが分かりました。」

「ミュージシャンの楽曲制作の背景なども含めて話を掘り下げ、ファンのニーズを刺激するタイトル
 にふさわしい内容の番組だと思った。」との高い評価を頂いた中で、

「パーソナリティが早口になり、若干、言葉が聞き取りずらい部分があった」
という意見も頂戴しました。
エフエム福岡ではこのような意見を現場にも伝えまして、番組作りに励みたいと考えています。

番組審議会事務局では、審議内容を関係者に回覧し、番組の向上に資しました。