fmfukuoka

« ヨコクです! | メイン | 2/2放送分 オープニング »

[泣けるシネマ]優しいオオカミって泣かせるのよね。

ども、プロデューサです。
今回もまた、アニメで泣きましょう....

あらしのよるに
2005年12月公開
監督:杉井ギサブロー
声の出演:中村獅童(ガブ)、成宮寛貴(メイ)他

ある嵐の夜、真っ暗闇の中出会ったオオカミのガブとヤギのメイ。
嵐を避ける為に飛び込んだ小屋の中で、ふたりは友達になる。
だが、ヤギはオオカミのエサ。
やがて、お互いの仲間に秘密の友達の事を知られてしまい、仲間を取るか、友達を取るか、選択を迫られる・・・。
またしてもアニメですが、

原作は絵本。ヤギを“食べる”オオカミと、オオカミに“食べられる”ヤギが友達になったら?という話です。
友達になるつもりはなかったふたりですが、運命のいたずらか、
ふたりは、お互いの正体を知らないまま、友達になってしまうのです。
やがて、お互いの仲間から“友達を裏切れ”と言われてしまうのです。
友達を裏切らないと、仲間の元には戻れないのです。
そして、ふたりは仲間より友達を選びます。
ふたりは旅に出るのですが、雪山でヤギのメイは動けなくなります。
仲間を捨てて、友達を選んだのに、メイは力尽きてしまうのです。
そこでメイは、ガブに「自分を食べて、ガブは生きてくれ」と頼むのですよ。
だって、ヤギはオオカミのエサでしょう?って。
友達のガブに生きてもらいたいから、自分を食べてくれと頼むのです。

もうこの雪山のシーンはずっと泣いてましたが、
火をつけたのは、その後のガブの行動でしたな。
ガブもまた、メイの為に命をかけるのですよ。
もーー!!あんたたち、なんでオオカミとヤギなんだよ!!!
と叫びながら泣いてました。

その後、メイとガブは離ればなれに・・・。
ふたりで夢みていた、緑の草原で、ひとりぼっちのメイは、
これまた力尽きようとしてしまいます。
そんな時、「オオカミがいたぞ!!」と逃げる動物たちの声を聞き、
ガブだ!!と、喜んでそのオオカミの元に向かうのですが、
そのオオカミは、雪山で記憶を失ったガブだったのです・・・。
ガブ、メイをエサとしか思ってないんだよーー!!
(覚えてないからさー・・・)

さて、結末がどうなったのかは、映画を観ていただきたいのですが、
この映画、泣きのポイントはガブ。
意地悪なオオカミ仲間と違って、オオカミらしくない、優しいガブの、
メイを思いやる一言や、行動に泣かされまくり・・・
そして更に、ガブを演じる獅童の声がなんだか優しくて、
ガブをかわいく思えてしまうのです。

そして、仲間からもバカにされ、優しかったお母さんもいなくなり、
ひとりぼっちのガブは、偶然友達になったメイを、
大事に大事に思ってるんだよね。
メイが、「自分を食べてガブは生きて」とお願いするところで、
ガブは「自分が生きる為にメイを食べても、食べなくて自分が死んでも、どっちにしろ、もうふたりでこうやっておしゃべりできなくなる!!」と泣いちゃうのです。
ガブにとっては、
もうメイがヤギだろうが、ヤギじゃなかろうが関係ないのです。
大事な大事な友達だってこと。
なのにメイの事忘れちゃうんだよね・・・・。(泣)
まあとにかく、泣くだろうなとは思って観た映画でしたが、
思いの外号泣した作品でした。
オオカミに泣かされてください!!

コメント (1)

絵本から見てましたよ
映画よかったな~


笑いあり涙あり
ガブが苦悩するシーン
泣ける(TT)
思い出しただけでも泣ける

友達を大事にする気持ち

お二人の声が違和感無く聞けました(^^)
プロってすごい!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ポッドキャスト

優しいオオカミって泣かせるのよね。

2008年02月02日 04:00に投稿された記事です。

ひとつ前の記事は「ヨコクです!

次の記事は「2/2放送分 オープニング

メインページ
過去記事一覧

Powered by Movable Type